PR

2019年面白かった海外ドラマTOP5

海外ドラマおすすめします未分類

当サイトはPR広告を表示しています。

あけましておめでとうございます。

今回は、このブログ開設から毎年続けている、年間ベスト海外ドラマの2019年版を書こうと思います、また、今回はベスト5でいきます!

今回も、自分が2019年に見た海外ドラマを対象にしています。基本的には2019年に日本で初放送・配信された作品を対象にしていますが、動画配信サービス全盛の時代ですので、あまりこだわらずにランキングしました。

PR

第5位 グッドファイト シーズン3

グッドファイト

5位はグッドファイト・シーズン3です。

シーズン3のグッドファイトは、相変わらず政治色が強く、リベラル(民主党)派 VS 現政権(共和党)派の戦いがメインシナリオ。

その戦いを、劇中ではリベラル代表の主役・ダイアン・ロックハートVS バリバリのトランプ支持者の保守派・ローランド・ブラムの戦いとしても描いていた。

あまり政治色が強く、主張の度が過ぎると興味が失せてしまうところだが、シーズン3のグッドファイトはそれなりに線引が出来ていて、個人的にはまあまあ楽しめた。

特にこのシーズン最大の敵であるブラムを、思いっきりコメディ調にしたことと、当初このブラムに敵対する役をマイア・リンデルにしたのが良かった。ソフトなマイア(今シーズンで少し変わったが・・)を、どうしようもない男・ブラムと争わせたのは面白かったと思う。

またダイアンとカートの大人の恋愛はいつも見てもかっこいい。今回も主義主張の違いはあれど、それでも強い関係を築く2人の恋愛は、思わず憧れてしまうほどだ。

シーズン3は不満に感じたこともいくつかあり、次シーズンの不安も多いが、相変わらず高水準のドラマだと思う。

感想はこちら↓で書いてます。

第4位 マインドハンター シーズン2

マインドハンター シーズン2

マインドハンターはかなりマニアックなドラマだと思うが、日本でも意外に人気がある。 まあドラマとしてのクオリティは高いので、ファンはそういうところに注目しているのかも? それにしても、これだけ地味でダークなドラマがここまで受け入れられるというのは、個人的には少し驚きだ。

というのも、心のどこかで自分が少しおかしいんじゃないか?と感じていたので(笑)、マインドハンターのシーズンが更新されたニュースを聞いたり、視聴者数が高かったりすると、結構ホッとしたりしている(笑)。

そんなことより、マインドハンター。シーズン1はFBI行動科学科(プロファイリング)の誕生を描いていたが、シーズン2は「捜査」にかなり主眼が置かれていた。いくつかの大きな事件を担当したホールデン達だが、やはりメインはウェイン・ウィリアムスの事件だ。

この事件は歴史的・地理的背景がつきまとい、常に重さを感じさせられるが、まあとにかく興味深い内容だった。この辺りの感想は以前書いているので、そちらも載せておきます。

第3位 ビリオンズ シーズン4

ビリオンス シーズン4

ビリオンズは、マイNo1俳優の「ダミアン・ルイス」が主役を演じる金融ドラマ。

2019年はシーズン4だったのだけど、このビリオンズに関してはシーズン4の話よりも、更新が決まっている次シーズン、S5の話がしたい。

というのもシーズン5では、ビリオンズの本来のストーリー、ボビーVSチャックの戦いが見られるからだ。このビリオンズのストーリーで最もスリリングで熱くなれるポイントは、間違いなくボビーVSチャックの死闘だ。

シーズン4で仲間となり共闘した2人だが、両者ともに生理的に相手を嫌っているのは明白。チャックは、妻のウェンディとボビーの信頼関係を見る度に吐き気を催すような態度を見せ(笑)、ボビーはチャックに対し常に上から目線で命令し格下扱いをする。

しかも、この戦いの中央にはテイラー・メイソンがいる。この、ボビー、テイラー、ウェンディ、チャックの4人が繰り広げる戦いは、どう考えても面白くなるに決まっている! 正直、ビリオンズの新シーズンが一番楽しみだ。

感想はこちらで↓

第2位 弁護士ビリー・マクブライド シーズン3

Amazon prime videoより

2位は、ビリー・ボブ・ソーントン主演のリーガル物「弁護士ビリー・マクブライド」。 このビリー・マクブライドの原題は「Goliath」、いわゆる「ゴリアテ」の事なので、強大な敵=ゴリアテに竹槍でビリーが突っ込む!みたいな内容になる。

こういう役をビリー・ボブ・ソーントンが演じるというのを初めて聞いた時は、全くイメージが沸かず何も想像できなかったが、実際に見てみるとかなりのハマり役でビックリ。さらにプロデューサーが、あのデビッド・E・ケリーだと聞いてさらにビックリ。

本作はデビッド・E・ケリーの18番、リーガル物なのだが、今までの彼の作品よりもはるかに硬派だ。現実に問題になった件をアレンジしているので、脚本がシリアスなだけでなく、演出も硬派なものが多い。

このドラマではシーズン2が一番お気に入りだが、このシーズン3もなかなか良かった。個人的に、アメリカ南部のアメリカンなストーリーは結構好きなので、そういう意味でもかなり楽しめた。特に良かったのは「デニス・クエイド」の存在感。デニス・クエイドが演じるのは、南部の傲慢な金持ちなのだが、もちろん完璧にハマっていた。

もう一人、このドラマで目立った活躍を見せている女優が「ニーナ・アリアンダ」。ニーナ・アリアンダは、パティ・パパジアンというビリーの相棒に当たるメインキャラ。パティはビリーと組むことによって、元々持っていた非凡な能力を開花させ弁護士として大成した。このパティのストーリーも良く出来ていてとても面白い。

またパティを演じている「ニーナ・アリアンダ」は、ビリオンズのシーズン4にも出演していた。ビリオンズではボビー・アクセルロッドの恋人役、「レベッカ・カントゥ」を好演している。この両ドラマの放送は、共に2019年だったので、ニーナさんはそれは忙しかっただろう。

ビリー・マクブライドに話を戻すと、一つ残念なこともあった。それは、シーズン3の結末が、とにかくイマイチだった事だ。シーズン1と2は、最後の最後まで緊張感があり、謎があり、どう転ぶのかが全く分からないスリリングな面白さがあった。だがシーズン3の最後は、どうにも余計というか、もう少し早く終わらせたほうが良かったのに・・と感じてしまった。

このビリー・マクブライドも、次シーズンへの更新が決定しているので、次回は最後の最後までハラハラさせてほしいと思う。

第1位 グッドオーメンズ

グッドオーメンズ

このグッドオーメンズ、今年のNo1だけでなく、間違いなく歴史的な海外ドラマだと断言します。そのくらい面白い、まさに必見の海外ドラマで、私が自信を持っておすすめする海外ドラマです。

このグッドオーメンズは英国のドラマ。*ここまでの4作品は全てアメリカのドラマ。 そして、かなりコテコテの英国スタイルだ。なので多少好き嫌いが分かれる可能性はあるが、それでもこのドラマが面白くないという人は皆無だろう。

グッドオーメンズの良さを上げるとキリがないが、特別良いと感じるのは「センス」だ。それは脚本にも、演出にも当てはまるし、当然キャスティングのセンスも抜群だ。

全てが完璧なセンスの上に、期待感と笑いと、たまに感動を与えてくれる。原作も話題になったそうだが、原作のファンもこのドラマの出来には満足していると思う。

まあ、グッドオーメンズン関しては,アレコレ書くより見てもらうのが一番。アマゾンプライムビデオで配信中なので、いつでもイッキ見可能です。

私の感想はこちら↓

ということで、2019年の海外ドラマランキングでした。最近、更新が滞りがちでしたが、また面白い作品の感想を書いていこうと思います。

2020年もよろしくお願いします。

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

コメント