アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団 E1

タイッサ・ファーミガ アメリカンホラーストーリー
スポンサーリンク

 

アメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン3は、魔女団というサブタイトルがつけられている通り、

魔女のストーリーみたいだ。

この魔女とかっていうのは、日本人にとっては少しわかりにくいよね。

なんとなくイメージも湧かない。

 

そんな意味もあってか、今回のアメリカン・ホラー・ストーリー シーズン3 第一話は、

紹介的な意味合いが強かったように思う。

ということで、今回は内容の感想というより、今シーズンのキャストについての感想を。

 

ま、たった一話で本来は感想も何もないんだけど、そこはこのアメリカン・ホラー・ストーリー。

このドラマはそうじゃない。 この1話というより、各キャラが登場した最初のシーン一発で、

ほとんどのキャラが強烈な印象を残した。

 

まずお馴染みの主役級は4人。

ジェシカ・ラング、サラ・ポールソン、エヴァン・ピーターズ、そしてリリー・レーブ。

この人達については今更説明の必要もないと思うけど、リリー・レーブについてだけ少し。

 

最初に前はリリー・レイブと書いていたと思うけど、今グーグルでリリー・レーブでは?

と出たので(笑)、今回からレーブと書くことにする(ややこしいね)。

 

そんなことよりリリー・レーブは、このアメリカン・ホラー・ストーリーでよく知ることになった

最高クラスの女優さんだ。

この人の演技を見られるだけでも、このアメリカン・ホラー・ストーリーには価値がある。

 

今回は他のメイン3人と比較して、彼女だけ登場シーンが少なく、役割もハッキリしていない。

ただし今回少しの時間だったけど、またまた強烈な印象を残した。

そして間違いなく今後期待に応えてくれるだろうね。

 

では今回目についた新加入+復帰キャストについて。

新加入で強烈だったのはこちらも主役級の2人、エマ・ロバーツとキャシー・ベイツ。

 

エマ・ロバーツは魔女で女優役、キャシー・ベイツは昔のイカれた魔女(存命)。

キャシー・ベイツはアメリカン・ホラー・ストーリー、シーズン3のオープニングから、

イカれたド変態として、グロイは、エグイはの大活躍。

いや~、どうしようもないね、このキャラは。

シーズン2で言うと、Dr.アーデン的な役回りだろう。

 

そして驚いたのがエマ・ロバーツ。

今回のアメリカン・ホラー・ストーリーでも女優役なんだけど、ルックスだけが売りの2流とか、

劇中でも言われてた。

実はオレもこの人って本当にそうだと思ってたなぁ。

でもこのルックスだけの2流女優を、エマ・ロバーツは完璧に演じていた。

さすが良血ということかな。

 

最後に今回のシーズン3・魔女団で最も期待しているのが、「タイッサ・ファーミガ」。

このタイッサ・ファーミガがシーズン3事実上の主役なんだけど、この子はキャラクターがどうのとか、

演技がどうのと言う前に、生まれ持ったスター性があるよね。

 

 タイッサ・ファーミガ
(FX)

 

ルックスもいいんだけど、この雰囲気がまさにオリジナル。

個性的と言われそうだけど、この子はもっと全然スケールが大きい。

例えば一千万人の中からでも、一発で選ばれるような存在感がある。

本人が望むなら、今後大女優になれると思う。

 

ちなみにこの子がヴェラ・ファーミガと姉妹だってのを最初に知った時は驚いたなぁ。

あのネーサンは最高クラスの女優だよねぇ。

ネーサンは美形な上に演技派だけど、タイッサの方は演技が普通でも大物になれると思う。

 

今回もそういうカリスマ性みたいなのを十分に発揮していた。

そしてタイッサ・ファーミガは、エヴァン・ピーターズとよく合うんだよね。

この2人は相性抜群だと思う。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント