アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団 E2

アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団アメリカンホラーストーリー

アメリカン・ホラー・ストーリー タイッサ・ファーミガ

海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団 E2 / 新たな世界」

 

前回は紹介的な一話だったけど、今回は早速アメリカン・ホラー・ストーリーらしい展開だった。

まあ~、ほぼ全編、アメリカン・ホラー・ストーリーらしかった。

 

まずレイク・プラシッドみたいなワニのシーンで始まった今回。

ワニの密猟をする2人の漁師?の前にいきなり現れたのは、リリー・レーブ演じる「ミスティー・デイ」。

間違いなく漁師はワニに喰われるだろうと期待してみていると、案の定1人は足から喰われて沼に

引きずり込まれ、もう一人は頭からガブリ(笑)。

 

そして何よりもアメリカン・ホラー・ストーリーらしかったのは、エマ・ロバーツ演じる

女優でビッチの「マディソン」が、前回の件のお礼をしたいと、タイッサ・ファーミガ演じる

「ゾーイ」を死体安置所に誘ったシーン。

 

マディソンは前回助けられたお礼に、ゾーイが仲良くなっていたカイル(エヴァン・ピーターズ)を

魔法で生き返らせると言い出した。

*カイルは前回バスの事故(実際はマディソンの魔法)で死亡。

 

ここで面白かったのは、マディソンは完全にイカれているんだけど、ゾーイはまともという設定、

認識があったはずなのに、ゾーイもまともに見えるだけで、実は十分にイカれていたところ。

まずバラバラ死体になっていたカイルを、他の死体のパーツと合わせて組み立てる。

心優しいゾーイだけど、どう考えても普通じゃない。

 

ホラーといえば美形がつきものだけど、この2人にこれだけバカバカしいことを

真剣にやらせる演出センスは大したものだ。

アサイラムのザッカリー・クイントやディラン・マクダーモットも普通じゃなかったけど、

今回のイカれ大賞は、たぶんこの2人だろうね。

 

それにしてもエヴァン・ピーターズ、前回はナチに拷問され人体実験をされた上に、

変態精神化医師にボコボコにされ、殺されかけ、宇宙人に誘拐されるという、

大変な役だっけど、今回はいきなり殺された上に全身バラバラ。

さらにフランケン状態で生き返らせられる(笑)。

この一歩間違えばアホ丸出しの役を、完璧にこなすんだもんなぁ。

彼は凄いと思うよ。

 アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団

それから、そのフランケン・カイルを車に乗せて移動するゾーイの後部座席に

いきなり現れたミスティー・デイ。この人は瞬間移動と再生の能力を持つそうだ。

それにしてもゾーイはフランケン状態で錯乱状態のカイルを、このミスティー・デイに

預けちゃうんだもんなぁ。

 

ここはゾーイもマトモじゃないんだよ~という演出なんだろうけど、

この一連の流れは本当に面白かった。 ただ笑えるだけじゃなく、そこに謎のナゾが

あるから、「え~、コレどうなるの?」という、すごい好奇心が芽生える。

 

今のところ、全てがナゾ過ぎて訳がわからないけど、このスタートがアメリカン・

ホラー・ストーリーの特徴だからね。

 

あとは最強の魔女・フィオナ(ジェシカ・ラング)と、そのフィオナに手下にされている

マダム・ラローリー(キャシー・ベイツ)。

 

アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団

 

この2人がまた抜群にいい味を出してるけど、この2人+ブードゥー教のマリー・ラヴォーが、

戦いを繰り広げるんだろうね。

 

一応今回のアメリカン・ホラー・ストーリーには、「不老不死」というテーマがあるんだけど、

マダムとブードゥーはそれが狙いじゃないんだよね。

この2人は、もう不老不死だから。

何か別の狙いがあるんだろうけど、それも謎だよな。

 

そういえば細かい設定でも、白人の魔女は金持ちになれて(スプリームだけかな?)、

ブードゥーは小さな美容室。

マダムは奴隷を拷問し食べるという、とんでもない変質者。

そのマダムは復活した現代でも差別主義者(当たり前だけど)。

こういう差別の話が今回もストーリーの中心にある。

まあ魔女裁判というのも、一種の差別か。

ある意味、民族差別的な面があるよね。

 

アメリカン・ホラー・ストーリーは、こういう問題を暗くなりすぎず、

エンターテイメントとして見せられる、本当にすごい海外ドラマ。

しかも笑いが止まらないようなシーンもたくさんある。

 

前にも書いたけど、ホラーだからなんていう理由で見ない人は、

人生の楽しみを一つ失うことになるよ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

(写真 FX)

コメント