アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団 E11 攻防戦

アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団 アメリカンホラーストーリー
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー魔女団 E11 / 攻防戦」

 

今回のアメリカン・ホラー・ストーリー、なんか変だな?と思った人が多いんじゃないかな?

あれ?一話見逃したかな…なんて感じるほど前話とのつながりがない。

まるで打ち切り決定後のつじつま合わせか、監督が変わったみたいな感じ。

 

まず人種差別に後悔したはずのデルフィンが、また極度の差別主義者に戻っている。

なんのために首だけになって映画見たのよ~

クィニーとの関係も、何事もなかったように最初に戻っている。

だいたいどうやってクィニーは生き返ったんだよ?

 

今シーズンのアメリカン・ホラー・ストーリーは、シーズン1・2のレベルには達していないと

書いてきたけど、この最後の段階にきてストーリーは崩壊寸前。

たまたまかもしれないが、こんなにいきなり崩れた海外ドラマは記憶に無いよ。

 

そしてストーリー崩壊の極めつけは、今回のラストシーン。

スノーの良くわからない説教を受けたゾーイが、カイルを連れて夜の高速バスで旅立ってしまう。

「はぁ~?」だよね。

 

とはいっても、このアメリカン・ホラー・ストーリー、ナニコレ?みたいな場面を何度か逆転させ、

驚かされた過去がある。

なので一応期待はしてるけど、ここまで崩壊して立て直せるものなんだろうか?

 

でも面白いシーンもいくつかあった。

気に入ったのは二つ。

一つは、魔女狩り協会VS魔女団の決着シーン。

俳優がもったいないとも感じたけど、会長のラストは良かったよね。

リーダーの、男の死に様って感じだった。

 

もう一つはスポルディングとデルフィンの、マリー・ラヴォー殺害計画。

魔法の薬は、ただの抗ヒスタミン薬だったというオチも面白かった。

フィオナは花粉症かな?

 

スポルディングの思惑が、子供なのか、裏にフィオナがいるのか分からないけど、

これが最終回のカギになりそう。

埋められたミスティー・デイとマリー・ラヴォーはこのまま退場なのか?

誰がスプリームなのか? まあ、まだ楽しみは多いから、見切るのは全然早いけど。

どうだろうね?

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント