アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E7 / 奪われた時間

アメリカンホラーストーリー ホテル アメリカンホラーストーリー

 

海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E7 / 奪われた時間」

 

今回はやっと、やっとレディー・ガガの正体が判明!

ガガ=伯爵夫人。

で、旦那は?ということなんだけど、やっぱり婦人の夫はミスター・マーチだった。

ただ、この結婚は普通に愛のある結婚とは、やはり違った。

 

1920年代の女優だったガガ婦人、彼女がすごくキレイなのでビックリなんだけど、それは置いておいて・・

この当時はまだ吸血鬼ではなく普通の人間だったガガ。

その後ある有名俳優「ヴァレンチノ」と恋に落ちるんだけど、この俳優には妻「ナターシャ」がいた。

でもこの夫婦はちょっと変。

夫婦の絆は固いんだけど、妻はガガとの三角関係を容認する。

ある夜、女優仲間とホテルコルテスでのパーティーに出席していたガガにヴァレンチノの訃報が・・

ショックを受けたガガはそこで出会ったミスター・マーチと結婚。

しかし数カ月後、ガガの前にヴァレンチノが・・・

 

ということなんだけど、ヴァレンチノとナターシャは吸血鬼になっていたというオチ。

その2人に誘われるままにガガも吸血鬼に。

しかしその場になんと、ミスター・マーチの姿が・・・

ミスター・マーチは嫉妬深いというより、何か感が冴えたというか、感じるものがあったんだろうね。

その描写はなかったけど、3人が始めた場面を見た瞬間の、少しコミカルな演技でそれを察することができた。

エヴァン・ピータースは良い役者になったよね。

 

そういえば、このヴァレンチノを演じているのが、トリスタンと一人二役のフィン・ウィットロック。

彼が演じるヴァレンチノと妻のナターシャ、この二人のルックスはとてもクール。

で、この夫婦はホテル・コルテスのある階に100年近く閉じ込められている。

もちろん閉じ込めたのはミスター・マーチ。

このアメリカン・ホラー・ストーリーホテルの面白いところは、吸血鬼にスーパーパワーが無いこと。

ただの不老なんだよね。

だからクビを切られれば死ぬし殴られれば気絶もする。

てことでミスター・マーチに閉じ込められた二人が、今回のホテル改装でついに復活!

 

この二人はガガよりも先に吸血鬼になっているので、当然ガガも恐怖する。

しかもこの2人がコルテスに閉じ込められていたのを、今の今までガガは知らなかった。

2人が復活したことでガガはどうするのか?

早速ガンガン人を襲い、血を吸いまくっている2人、いずれミスター・マーチと対決するんだろうけど、ガガガどっちの側につくのか興味深い。

まあ、普通はヴァレンチノなんだろうけどね。

 

それにしてもヴァレンチノとナターシャはホテルの外に出て行ってた。

ドノバンやドノバンのママ、ガガもホテルの外に出ているのに、ミスター・マーチとおそらくミス・エバンスは外出不可・・・

これはやっぱりマーチとエバンスは亡霊で吸血鬼では無いということかな?

ここは意外と面白いナゾだ。

結局はガガVSマーチというのが、このアメリカン・ホラー・ストーリー・ホテルの終着点なのかな?

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント