アロー S2 E14 進み始めた時間

アロー シーズン2 ARROW / アロー

海外ドラマ「アロー S2 E14 / 進み始めた時間」

 

先週の放送は休みだったAXNのアロー。

今のアローの面白さからすると、1週間余計に待つのは結構キツいな。

 

ということで今回、まあ~ビックリしたことが3つ。

まずちょいビックリだったのが、オリバーの母「モイラ」が、マルコムの件で責められているにもかかわらず、オリバーに対し開き直っていること。

 

テアのオヤジがマルコム・マーリンだというのはデカイ事だけど、オリバーも絶縁までしなくてもいいと思うけどなぁ。

でもラストシーンで、これはちょっとした演出だとわかったね。

 

そして「おっ!」と、中ビックリだったのが、今回のゲスト「ロバート・ネッパー」。

ロバート・ネッパーといえばプリズン・ブレイクのTバックだけど、吹き替えの声優さんもTバックの人だったね(笑)。

まあ、今更ロバート・ネッパーの吹き替えに、この人以外は使えないよなぁ・・

 

このロバート・ネッパーの役は「クロックキング」と呼ばれる悪党。

クロックキングはバットマンでも、ソコソコの悪役なので再登場は確実だろうね。

 

ところでこのクロックキング、知的な悪党でIT系なんだよね。

それもフェリシティの上を行くスキルってのが気に入った。

でもそんな知的な面だけじゃなく、ロバート・ネッパーらしく、イカレた面も十分。

ロバート・ネッパーといえば、イカレヤローを演じさせたらTOPランカーだから。

当然、そういう役だよね。

考えてみれば、ロバート・ネッパーなら、ジョーカーとか合うんじゃないかな?

 

で、大ビックリだったのが今回のラストシーン。

オリバーがクィン家に帰ったところ、モイラと会談していたのは、なんと「スレイド・ウィルソン」じゃないの。

 

しかもスレイド・ウィルソンさんよ~なんて、思いっきり本名だし(笑)。

さすが男・スレイド、アノ場面でも直球勝負だ。

 

そういえば最後のスレイドとオリバーの握手シーン、オリバーは少し動揺していたけど(当たり前か)、ビビらなかったのは成長の証だ。

もう「島」時代のオリバーじゃないというアピールシーンだ。

 

この早い段階でスレイドとオリバーの再会があるというのは、ホント大ビックリだ。

これ今後の展開はどうなるんだろうね?

スレイド一味とグリーンアロー軍団が戦争するのかな?

正々堂々と戦うのはいいけど、それじゃあドラマにならないしねぇ。

 

あとチョット気になったのは、「ローレル」。

ローレルは絶対的なオリバーのパートナーだと思ってたけど、違うのかな?

あのオリバーだから、そこら中でヤリまくるのはいいとして、最後はローレルだと思っていた。

 

でもフェリシティーに手を出さないオリバーを見ていると、本命はフェリシティー?

フェリシティーにはザ・フラッシュがいるけど、あれは別番組になっちゃったしなぁ。

くっつけるのは難しいわな。

 

ただ、ブラッドの件があるので、結局はローレルが正しかった!なんてオチは当然予想できる。

まだブラッドの正体も割れていないし。

そうするとサラは死ぬのかも?なんて予測もできる。

 

でもチョー楽しみにしていた、オリバーとスレイドの街での再会がこうなるとは・・・

すごい劇的なシーンを予想していたから、かなりビックリだ。

そして次回がチョー楽しみ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント