アロー S3 E1 / 再出発

 

海外ドラマ「アロー S3 E1 / 再出発」

 

新シーズンがスタートしたアロー。

シーズン2は途中から大失速したと書いてきたけど、このシーズン3で巻き返すことはできるだろうか?

 

まずシーズン3になって大幅に変わったところが2つ。

1つは新キャストのレイ・パーマーの登場。

フェリシティーに近づいたり、どことなく悪者のような雰囲気で見せているけど、さてこの男は何者だろう?

今回の出番だけじゃあ、とても想像できないので、これは見ていく以外無いね。

 

もう一つはやっぱり降板となったサラ。

それにしても、こういう形でアローを去ることになるとは驚きだ。

これでローレルとランス警部が、怒りに燃えるんだろうなぁ。

一人入って、一人去った結果だけど、新シーズンなのでこういうことはよくあることだ。

 

ところでサラに矢を放った者だけど、この番組がちゃんと整合性をつけるなら、これは意外と狭い範囲の人物だろうという気がする。

矢なので、まずオリバーとロイが頭に浮かぶ。 でもこの2人はやるはずがない。

そうするとアローの世界で過去に矢を放った事がある者は?

ブラックアローことマルコム・マーリン、またはハントレスか。

でもサラとの最後の会話からすると、明らかに知り合いだった。

 

サラとハントレスは知り合い。でも2人はあんな話し方はしないよなぁ。

そうすると、昔の仲間の可能性もあるのかな?

サラに矢を当てるというのは、相当な腕のはずだし。

でもたぶん女だよね、あの問いかけ方は。

 

それから新シーズンになって変わった細かい点もいくつかあった。

なんとなく気になったのが、ロイがやけに無口だったこと。

これは意味があるのかわからないけど、存在感はそれなりにあったのに、セリフは少なかったね。

 

あとこれはあまり好きではないところだけど、よく目についたフェリシティーの服装。

シーズン2で一気に派手になったフェリシティのファッション。

今回も胸元開けて谷間全開の服を着てた(笑)。

フェリシティは美人だけど、シーズン1のような隠れ美人がハマるんだよなぁ。

服装はチョイ地味、でもそのダサOL風の服とメガネがどこかセクシー・・みたいな感じ。

今は少しドギツいイメージまである。

ここは戻してほしいね。

 

ディグルとローレルは、ほぼ変わらずで良かった。

この2人は、完璧にキャラクターが出来上がっているから不安はないんだろう。

ランス刑事も相変わらずだけど、坊主頭は似合わない気がしたな。

彼は、いつものオールバックでいいんじゃないんだろうか。

 

で、肝心のストーリーなんだけど、今回だけでは良いとも悪いとも言えないかな。

アローの持つ雰囲気はいい、世界観もいい、アクションもカッコいい。

あとはストーリーだよね。 シーズン1やシーズン2途中までの、ワクワク感満載のストーリーに戻ってきて欲しい。

今回のラストなんか見てると、期待できる気もする。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。