ボディ・オブ・プルーフ S2 E20

あけましておめでとうございます。

ということで、早速いきましょうか、
海外ドラマ「ボディ・オブ・プルーフ / 悪魔の爪」

今回がシーズン2の最終話になるボディ・オブ・プルーフ。

ボディ・オブ・プルーフ S2 E20_compressed.jpg

ボディ・オブ・プルーフとしては、たぶん初めての
シリアルキラーが登場。

名前は「ウィルソン・ポーリー」、
役者はプリズンブレイクに出てた人だ。

殺害方法は残虐で、完璧にイカれた異常者だ。
そして過去にミーガンと捜査上で接点があった、、
という内容。

この番組らしく、シリアルキラーが出ようが、
異常者が出ようが、どことなく明るい雰囲気があるのは
いいところだと思う。

オープニングでも、ターコイズブルーのコートという、
相変わらずありえない服装で犯罪現場に現れるミーガン。

その後犯罪者に対しても、ケイトに対しても、
やたらと高圧的な態度で、なんか嫌な感じのミーガン。

さらにレイシーにも高圧的な態度に。
ここまでは、ウィルソン・ポーリーの作戦に
ミーガンがハマった結果、周囲に対し悪い態度を
とったということだった。

そしてミーガンは捜査チームでさらに孤立。
実際にはチームの仲間は、ウィルソン・ポーリーの冤罪より
ミーガンを信じていたんだけどね。

このへんから雲行きが怪しくなってきて、
ミーガンがピーターを思いっきり批判した事で、
こりゃー何かあるな、って確信することに。

ここまでやるとさすがに気付くね。
ピーターに見放されるようなセリフを言われて
更に追撃。

まあミーガンの性格は、ホントに傲慢で自信家だから、
嫌われても全然普通なんだけど、、

そして1人ラボにいるミーガンのところにウィルソン登場。

あぁ、これでシーズン3につながるのか、、と思ったら、
助けに来たピーターが刺されてしまう。

このままピーターが死ぬ事はないと思うけど、どうなんだろう?
出来れば殺さないでほしいね。

それとミーガンに撃たれ、ピーターに窓から放り出された
ウィルソン、彼は死んでなさそうだ。

とりあえず、これでシーズン2が終わった。
ここまでは期待通りで面白かったと思う。
まだまだ続いて欲しいね。

 

応援お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。