カリフォルニケーション S4 #8

カリフォルニケーション S4 #8

「腐りきった奴ら」ってタイトルなんだけど、
サーシャとハンクの娘の事かな?

それとも自分とサーシャのママか?

原題でも見ないと分からないタイトルだ。

そんな事はどーでもいいんだけど、今回は面白かった。
この展開、テンポがいいんだよね。

ハンクの夫婦・子供問題はあまり好きじゃない。
でもD・ドゥカブニーをハンクって呼ぶのは抵抗あるね。

やっぱり彼はモルダー。
過去の人気キャラからの脱皮がどうこう、
とかよく言うけど、そんな事気にする必要ないと、
個人的には思うんだよね。

それよりハンクが本人そのものって
思われてるほうが問題だよな。

あんなキレイでしっかりしてそうな奥さん?元?が、
いるのにね。

ま、セレブのプライベートなんてどーでもいいけどね。
ただあの奥さんのファンだったから、少し気になるな。

ところで今回、最後のシーン、あれ「トミー・リー」だよね。
最初、「Home sweet home」 が流れてきた時、
何でこんなヘタクソが歌ってるんだ? と思ったら、
トミー・リーだもんな。

あれなんだろう? たまたま近くにいたとか?
トミーはねえ、ハンクよりモルダーよりイカれてるから、
カリフォルニケーション好きなのかな?

結構 ROCK してるからね、この番組。

で、探したらこんなのが、、、
先に書くけど、あまりの歌のヒドさにビックリ。
これサントラって、わざわざ録音してコレ?

ま、フザケてるんだろうけど、、、
じゃあ、あれゲストだ、3秒くらいしか写ってないよ。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。