カリフォルニケーション S5 E2

海外ドラマ「カリフォルニケーション S5 E2」

シーズン4の出来がイマイチだったカリフォルニケーション、
でも新シーズンは、バッチリ修正してきたね。

やっぱりハンクはいい加減なヤツじゃないとダメで、
家族に思い入れがあるのはいいけど、家庭的なハンク・ムーディー
なんて、誰も見たくないだろうし、気持ち悪いって。

たぶんシーズン4の、その失敗に気づいたんだと思うけど、
今シーズンはあれから3年後の話でスタート。

ハンクは相変わらずだけど、カレンの彼氏はなんとあのベイツ。

さらにベッカにも新しい彼氏が出来て、コイツがまた最悪、
というか、ハンクに人格が似てる。

Californication: The Fifth Season [DVD] [Import]
(S5のハンクはヒップホップスタイル)

そしてハンクで注目はというと、今後おそらくビジネスで組むであろう
ラッパーのサムライ・アポカリプス(笑)。

サムライの役は、かつてあのルー・アシュビーがいたポジション。
ルーはロック系音楽プロデューサー、サムライはヒップホップ系
音楽プロデューサー。

なるほどよく考えたと思う。 いいアイデアだ。

サムライはまだ出番が少なくてよくわからないけど、
これから本領を発揮するだろう。

今のところルーほどイカレてはいないようだけど、なんとなく
期待できそうな雰囲気はある。

ところで今シーズンは、新加入の役者もなかなかだ。
サムライ役は「RZA」。 この人はほとんど役とリアルが
変わらないんじゃないかな?

サムライの美人彼女は「ミーガン・グッド」。 この人は雰囲気が抜群にいい。
今後ハンクとどう絡むかは凄く楽しみ。

そういえば歌ってた声も良かったね。 キーシャ・コールに似てる。

そして最近クリミナル・マインドにゲストで出演してた(日本の話ね)
ベッカだけど、新登場の彼氏は「スコット・マイケル・フォスター」。
彼はメル&ジョーで、メルの彼氏役で出てたね。
自転車乗っててピザボーイと間違えられてた役だった。

こう見てると、このドラマは3~40代の役者の見つけ方が
凄くうまいと思うな。
ホント的確な配役で感心するわ。

それとデヴィッド・ドゥカヴニーの演技も良くなった。
今回の最後のシーンとか、複雑な感じがよかったよ、マジで。
この人らしくないシーンだったけど、それが余計に良かったのかな?

あとオープニングテーマは、少し変えたかな?
何となく違うような、アレッ?と思ったけど、気のせいかな?

 

応援↓お願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。