キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き S3 E21

キャッスル~ミステリー作家は(完結)
スポンサーリンク

海外ドラマ「キャッスル S3 E21 プールに浮かぶ死体」
キャッスルS3も次回がシーズンファイナル。

今回のキャッスルは、いつも通りにミステリー主体のストーリー展開。
一番怪しくない人物が犯人という、ある意味ミステリーの王道パターンを使った1話。

このパターンの場合は、真犯人以外の全員が容疑者。
そして全員に動機があって、とにかく怪しすぎる。


今回のなんちゃって犯人は、跳べ!ロックガールズの初代コーチ、マーティ役の「エリック・パラディーノ」。
彼は今回もオリンピックを目指してるコーチ役。
ちょっとイヤな奴役で、これはこの人の得意とする役柄だ。
そしてロックからもう1人、ケイリー・クルーズ役の「ジョシー・ローレン」。

あのロックのアイドル「ケイリー」が、どーしようもない下品な女の子、しかも超・端役だった。
海外ドラマ風にいえば、アバズレとか尻軽とか系ね。
まあきっと本人は楽しんでやってるんだろうけど、ちょっと違和感あったな。
そんなちょっと変わった盛り上がりもありながら、キャッスルは今回も面白かった。


特にベケットにちょっかい出してた、キャッスルの弟子「アレックス」が、先輩作家の「かわいがり」にあうシーンは、凄くアメリカ的で面白かったし、気に入った。
彼も全然めげてないどころか、成長してるし。
あそこは凄く楽しいシーンだった。



最後のシーンはキャッスルのお約束か?
ファンへのボーナスか?
次回でシーズン3も終わりだね。
この時期(日本)の海外ドラマは、面白いものが多かったから次シーズンまで待つのが長く感じそうな気がするなぁ。

ポチッ↓とお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ