キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き S3 E2

海外ドラマ「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」

今回はシーズン3の第2話。

それにしても、ベケットは美人だねえ。
今回は服もベケットらしく、デザイナーっぽい感じ。
この人は、こういう服とか高そうな服が本当に似合うね。

ベケットみたいなタイプは、そうそういないんだから、
いつもバッチリきめてるほうが、不自然じゃないんだよね。

この人にスーパーの服みたいなのはヘンだって。
今回のストーリー、謎解きは複雑でミステリーらしく、
でも結末はあっけなくて、本筋はキャッスルとベケットの
物語って内容だった。

展開は「グッド・ワイフ」に似てるよね。
もしかして近いうちに2人に何かあるのかもしれない。
キャッスルも今はフリーだって解説もあった。
軽く、だろうけど。
そこが人気の秘訣っぽいしね。

途中、キャッスルがベケットの事を「スカリー」って
呼んでいたシーンがあったよね。
なるほど、スカリーだ。

今回はストーリー的にもそうだったけど、
実はこれいつもの事だよね。

作家で物知り、いろんな事を見たいキャッスルがモルダー。
あえて叩き上げの刑事の道を選び、刑事に誇りを持ってる
ベケットがスカリー。

最初からそんな感じで作ってたのかな?
ここ凄い面白いところだった。

そういえばモルダーとスカリーもコメディー調の、
面白いエピもあったな。

やっぱりキャッスルは面白いね。
最後のシーンでベケットが夕日みたいな照明を受けてるシーン、
これキャッスルでよくやる映し方だけど、
こういうのオシャレだ。

音楽もシャレてるし、キャッスルは意外と奥が深い。

 

↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。