キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き S3 E9

海外ドラマ「キャッスルS3E9」。

原題は「Close Encounters of the Murderous Kind」。
映画、「未知との遭遇」のキャッスル版って事か。
でもキャッスルでUFO系の話といえば、
未知との遭遇より、モルダー&スカリー。

Castle3-9_02.jpg

これ最近のキャッスルでは定番になりつつあるけど、
たぶんみんな好きなんだろうね。
個人的にも好きだし、人気もあるんだろう。

ところで前回、「キャッスルでは犯人が最初の段階で
まず出てこない」と書いたら、今回は思いっきり出てたね。
それでもキャッスルがうまいのは、犯人の最初の登場シーンで
助手風の女性に多くしゃべらせたところ。
あそこは助手がアヤシイと誰もが思うよね。
でもキャッスル通なら、あの見せ方は犯人じゃないってわかる。

じゃあ誰だって事になるんだけど、あの時点では情報が少なすぎて
推理できない。
だからこっちも最後まで集中して見れる。
こういう複雑な展開を分かり易く見せるのが
海外ドラマ「キャッスル」の魅力。
ベケットのルックスだけが売りじゃーない。

Castle3-9_03.jpg

話は変わって、キャッスル役の「ネイサン・フィリオン」と
デスパレートな妻たちに出ていた「ダナ・デラニー」。
彼女が主演してる「ボディ・オブ・プルーフ」が
今度WOWOWで放送するんだってね。
今WOWOW契約しようか凄い迷ってる。
「ボディ・オブ・プルーフ」は一番見たいと思ってたから。
どうするかな、、
CSIとかAXNで見てるから、今更WOWOWじゃあね、
DVD出るまで待つかなあ。

応援おねがいします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください