キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き S3 E11

海外ドラマ「キャッスル S3 E11 」。
邦題は「偽ベケット登場」。
見た人は分かるだろうけど、邦題はちょっと
ヘンだよね。
それはいいとして、今回のキャッスルは
全編コメディー調で、凄く面白かった。
偽ベケットっていうか、ニッキー・ヒート役を
あのルックスの女優で持ってきたところや、
彼女の人物像の描き方は、さすがとしか言いようが無い。
いまのキャッスルはハズレなしの番組になってる。
前回もベケット登場時に、何で髪束ねてるんだろう?
なんて思っていたら、あのシーン。
ベケットが髪をバサッとやるだけで、
見てる方は「オーッ」となっちゃう。
もう完全に軌道に乗った人気番組だね。
今回のニッキー・ヒート役の人もうまかった。
nikki_heat01.jpg
わざとイマイチっぽい登場のさせ方から、
実は演技派で、キャッスルが見抜けてない
なんてところは、いつもの逆パターン。
視野が広く、明敏なはずのキャッスルが
彼女の実力を見抜けない、逆に関心のなさそうな
ベケットとキャッスルの娘が当たり前のように
彼女の本質を理解している。
しかも演出でいえば、キャッスルに誘いを断らせるなんて、
人気番組の手法だ。
最後のシーンも良かったね。
普通プロポーズとかのシーンは、わざとらしいし
人気取りみたいで好きじゃないんだけど、
今回の2人は本当によかった。
意外とリアル感もあって、いいシーンだったと思う。
今日本でやってる海外ドラマでは、このキャッスルと
メンタリストが、抜けて面白いと思う。
応援お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ