クロッシング・ライン ヨーロッパ特別捜査チーム S2 E1

クロッシングライン S2 クロッシングライン ヨーロッパ特別捜査チーム
スポンサーリンク

クロッシングライン S2

 

海外ドラマ「クロッシング・ライン ヨーロッパ特別捜査チーム S2 E1」

 

AXNミステリーで始まったクロッシングラインのシーズン2。

このクロッシングラインは、ヨーロッパの国をまたいだ捜査を可能にするチームの話。

ヨーロッパのFBIというイメージらしいけど、正確にはユーロのFBIになるのかな?

一応、英国にもパイプがあるし、地元警察に捜査協力も得られているので、

ユーロ圏・その周辺国に対し、そこそこの影響力があるみたいだ。

 

このチームはICCと呼ばれているけど、メンバーは各国のエキスパートを集めてきている。

ヨーロッパ各国と書きたいところだけど、主役のヒックマン(ウィリアム・フィクナー)が

アメリカ人なんだよね(笑)。 しかも元NYPD。

 

なので、ヨーロッパ+アメリカのエキスパートが揃っている。

まずこのクロッシングラインがすごく面白いのは、このキャラクター設定だ。

 

普通こういう組織が題材のドラマだと、強力なスキルを持つエキスパートは、

その筋では無敵という設定が多い。

 

ところがこのクロッシングラインはちょっと違う。

エキスパートなんだけど、そこまでスーパーではない。

変な言い方だけど、そこそこのエキスパート(笑)。

 

しかもメンバー全員が、秘密や人に言えない過去を持っている。

この設定は、キャラクター一人一人に深みを持たせるためだと思うけど、

ここは8割方成功している。

 

メンバーの特性も覚え易いし、その背景も興味深い。

すごく良く作られている。

例えば主役のヒックマンは、ニューヨークで犯人に手を撃たれ、今も鎮痛剤の

世話になっている。

 

ある種の鎮痛剤中毒なんだけど、そのうえその事件で市警に見捨てられた過去がある。

ウィリアム・フィクナーといえば、プリズンブレイクのマホーン捜査官役だけど、

ここはほとんど同じ設定だよね。

マホーンはペンに鎮痛剤を隠していたけど、ヒックナーはわりと大っぴらに飲んでいる。

 

あと、クロッシングラインの設定で気に入っているのは、このヨーロッパ感。

欧州ドラマの特徴である「暗さ」とか、「重さ」、「冷たさ」が漂っている。

でもこのクロッシングラインは、そこにも一工夫あるんだよね。

 

最近の犯罪モノ海外ドラマは、猟奇犯罪とか、やたら変質的な事件を描きたがる。

特にこういう設定だとそっち系になりがちだけど、クロッシングラインは節度がある。

 

犯罪者は怖いし、ヨーロッパ風の暗さも持っている。

でもストーリーが、必ずチームのメンバー・一人にフォーカスしているので、

飽きがこないし、くだらない感も、リアリティーの無さも感じない。

 

これは見てみればわかると思うな。

すごく良くできていて面白い。

 

今回のシーズン2・第1話では、誘拐されたチームのリーダー「ルイス」を

メンバー全員で助けるというストーリーだった。

そしてその誘拐犯は、長年ルイとドルン(ドナルド・サザーランド)が追っていた

ロシアマフィアの大物だった。

 

このルイの過去を、今回で精算したのも良い判断だと思う。

*しかもS2の第1話で。

これを引っ張っても、だいたい飽きられるのがオチだよね。

それより、新たな事件や新たな人物との関係のほうが、視聴者は楽しめる。

 

そういえばAXNミステリーでは、ホワイトカラーのシーズン5も始まった。

こっちも楽しみだ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

(写真 NBC)

 

コメント