グッド・ワイフ 彼女の評決 S3 E7

海外ドラマ「グッド・ワイフ / 大統領命令13224」。
グッドワイフがシーズン3になってから、何か足りないと
ずっと感じていたけど、何だかわからなかった。
グッドワイフs3e7_01.jpg
でも今回はっきり分かったね。
スリルだ。
ここまでのシーズン3では、スリルが足りなかった。
先の見えない誰かのピンチとか、主要キャラが番組から
消えるピンチとか、そんな感じのもの。
今回からこのスリルが加わった事で、やっぱり「今一番面白い
海外ドラマはグッドワイフ」とはっきり思えるようになった。
まずピンチに陥ったのはウィル。
ボルチモアで、ウィルの命令でブレイク・カラマールが
もみ消した件と、セレステがもらした、借りたけど返した
問題ありの金が、同じ件だった事が、今回分かった。
少し前に死んだ、スターンさんもウィルは裏があると
言っていたけど、それもこの事なのか?
とにかくウィルが弁護士免許剥奪の危機に陥った。
でもそれ以上に気になったのは、アリシアの弁護士に
ウィルとダイアンが「ニック・コテラ」という
有名弁護士をつけようとした時、アリシアが断った事。
ここだけ見ると、アリシアとしては事務所とアリシアの
利害が対立した場合、事務所側の弁護士ではマズい、
という事なんだと思う。
でもアリシアがそう考えたという事は、先行きが
急に暗くなってきた。
やっぱりウィルにはウラの顔があるのかなぁ?
ここも凄いスリルがあるね。
このパターンは、ピーターとカリンダの件が
アリシアに知られた時の感じに少し似ている。
グッドワイフs3e7_03.jpg
それにしても今回のグッドワイフは、細かいところが
本当に濃くて面白かった。
ウィルとピーターの対立で「同じ穴のムジナ」と言った件。
ケイリーの彼女?のデイナが「信用できる筋」といったのが、
ケイリーと対立関係にあったブレイクだった件。
ルモンド・ビショップの名前が出て、
グレン・チャイルズまで登場した。
そして今回名前が出たニック・コテラもいずれ登場するだろう。
ケイトリンの台頭もあった。
ケイリー&デイナのカップルが、ウィルを訪問した時、
ウィルが呼んだのがケイトリンだったのも意味がありそう。
もしかすると、この4人がいつか、、って事もありえる。
でも何といっても今回の主役は「タシオニさん」。
このキャラ設定は素晴らしいアイデアだよなぁ。
こんなキャラは日本のアニメあたりじゃないと
出てこない発想だ。
しかも今回あの場面でアリシアが選んだ弁護人が
タシオニさんとはね、、、
グッドワイフs3e7_02.jpg
さらにここにも小さなストーリーがあって、
タシオニさんが初登場したのは、デイナのおじさん
ダニエル・ゴールデンの後釜だったんだよね。
D・ゴールデンが「優秀で最高の弁護士」として、
ピーターにつけたほどだから、腕は有名なんだろう。
そういえばタシオニさんとイーライも面白いんだよね。
大統領命令がどうこうの話なんて、どうでもいいぐらい
メインのストーリーが面白かった今回。
グッドワイフs3e7_04.jpg
怒りの2検事が、3検事になったのも、ウィルと
アリシアには脅威だろう。
ピーターがつけると言った特別検察官が誰なのか?
タイミング的には、グレン・チャイルズかと思ったけど、
彼がピーターの下で働くとも思えないし、
連邦検事補というのは、たぶんソコソコ偉いだろうし。
そうするとウィルを追わせて、一番ヤバそうなのは、
カリンダとピーターの件の核心に迫った
「アンドリュー・ワイリー」とかいいね。
そして何となく匂わせているのが、
事務所の不協和音。
ロックハート・ガードナーの亀裂なのか?
それともダイアンとウイル&アリシアか?
もしかしてウィルとアリシアか?
どれなんだろう?
ちなみにグッドワイフ・ファンなら、このサイトは絶対
見たほうが楽しめると思う=海外ドラマスタッフブログ
応援お願いします↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


Tagged on: