ハート・オブ・ディクシー S2 EP14 懐かしのカントリーロード

ハート・オブ・ディクシー ハート・オブ・ディクシー
スポンサーリンク

海外ドラマ「ハート・オブ・ディクシー S2 EP14 / 懐かしのカントリーロード」

 

シーズン2も中盤を過ぎたハート・オブ・ディクシー。

これといってシーズン1から変わりないのはブルーベルだからかな?

 

そのハート・オブ・ディクシー、今回の感想にいく前に少し本国アメリカでの話。

現在アメリカではシーズン3の3分の1を通過したぐらい。

去年の11月までビッシリ放送して、年末に少し休み、年明けとともに放送再開。

 

ただ人気の方は最近やや不調気味で、放送打ち切りの話題も少し出てきた。

ま、ジャンル自体がこういう感じのコメディだから、視聴者数的には

いいのかもしれないけど、年明け再開後が少々思わしくない。

このままだと危険なレベルだと思う。

 

では今回の感想。

ストーリーの中心は「ゾーイ&ウェイド」と「町長&アナベス」。

町長とアナベスから行くと、この結果は何でかな?と思ったなぁ。

 

これはやっぱりレモンがハート・オブ・ディクシーの主力で、

アナベスはサブだってことかな?

別にラヴォンとアナベスをくっつけても問題無いと思うけどな。

 

アナベスはレモンの引き立て役ではあるけど、実物は美人だし実力で

このドラマのレギュラーを勝ち取ってるしね。

今回はモテモテ役だったけど、くっつけても全然まとまったと思うけど。

それとも町長かアナベスに何か別のストーリーでも用意してあるのかな?

 

と書いておいてなんだけど、このマジメな付き合いは少し退屈。

どっちかといえばゾーイとウェイドのほうが面白い。

ただそのウェイドなんだけど、最近彼の魅力が目立ってない気もする。

 

やっぱりウェイドはワイルドじゃないとなぁ。

テキトーでビール飲んでナンパしてるウェイドのほうがカッコいいよ。

ただ今回のキャリアの話といい、ストーリーはうまくいかない方に傾けてる。

そのほうが番組的にはいいと思うよね。

 

それにしてもこれ仕方ないとはいえ、悪役のゾーイは本当にムカつく(笑)。

それがこの人の持ち味なんだろうけど、これだと視聴者はウェイド寄りになるね。

 

そういえば一時すごく良かったマグノリアだけど、最近はただのアイドル女優的な

扱いになっちゃってる。この子は生意気なイジメっ子で、人に迷惑をかけまくる

自己中心的なタイプでいいと思うけどね。

 

それこそモロのタイプといえるだろうけど、それがハマリ役なんだからね。

そういう子がたまに優しくするから目立つんだけどな。

 

新ブリーランドもイマイチだったかなぁ?

もう少し違うタイプのほうがいいような・・・

でもこれはまだわからないか。

 

細かいことをチマチマ言ってもしょーがないな。

それよりそろそろドカーンとデカイ話題が欲しいなあ。

シーズン1では面白かったから、あんな感じでやってほしいね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント