ハート・オブ・ディクシー S1 E21

海外ドラマ「ハート・オブ・ディクシー S1 E21 / さよなら、ブルーベル」

今回のハート・オブ・ディクシーの感想なんだけど、
なんかハッキリいって、レイチェル・ビルソンを見たいだけだった
最初の頃に戻ったような一話だった。

正直言ってかなり退屈。 ていうか、よくこんなのんびりした
エピソードをシーズン終了間際に持ってきたな~と逆に感心する。

まあこのドラマのファンとしての目で見ると、面白かった部分も
多くあるんだけど、それでもかなりダラダラした感じは否めないよね。

特に「さよなら、ブルーベル」って、絶対にそれないもんなぁ。
絶対残るの分かってるあの展開、アナベスの腰痛の理由のバカらしさ、
さらにそのためにわざわざ戻るゾーイのありえない行動、
良い子すぎるマグノリアのアホらしさ。

ついでにウェイドが本物のアホだった事になってるし。

まあ、このドラマだからいいんだけどさ、でも今回はちょっと
ひどすぎたと思うな。

ゾーイのオヤジを再び呼んで、コレだもんな。

前回までの面白さはどこ行っちゃったんだか?
あまりにバカらしいとみなくなっちゃうかもなぁ。

まあそれでも多分見ると思うけど。

もうやめようと思ったけどもう1つ、レモンとジョージまで
前に戻ってるってありえなくないか~?

でも次回がシーズンファイナルだから、そこに期待して
ガッカリした話はここまでにしよう。

ついでなので、最近面白い海外ドラマについて書いておくと、
最近ここで書いてない中では「キャッスル」がダントツに面白いね。

今のシーズン4は特に面白いと思うな。

書いてるものでは、パーソン・オブ・インタレストとリゾーリ&アイルズ
が面白いね。 終わっちゃったけどアメリカン・ホラー・ストーリーも
最高だった。

これは見てなかったS1も、FOXでやった3種連続の一挙放送で全部見たけど
かなり面白かった。 どっちかというとシーズン2のほうが面白かったけど、
シーズン1もなかなかだったね。

アメリカン・ホラー・ストーリーは脚本が本当に良かったと思う。

それから俳優のキャスティングもバッチリで、特にエヴァン・ピーターズが
アメリカでメチャクチャ人気がある理由がよくわかった。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。