HOMELAND S1 E5

海外ドラマ「HOMELAND S1 E5 死角」。

このHOMELANDの独特な雰囲気は凄いな。
ストーリーも引き込まれるけど、全体の雰囲気がね。

「ニコラス・ブロディ」、一体どっちなんだろう?
英雄か?深刻な脅威か? 全然分からない。

homeland.jpg

心情的には英雄でいてほしいし、
いつか勝負に出るだろうキャリーの信念に
共感や応援する気持ちもある。

そのキャリーはまたキンキンに神経質な性格が戻ってきた。
そのうえソールを腰抜け扱いして、イケイケになってる。

この誰もがどこかテンパってる雰囲気は、
ちょっと記憶にないぐらい面白くて引き込まれる。

とにかく「Homeland」は不可解で先が読めない。
今回は息子と少し関係を修復したニックだけど、
寝返ったテロリストがそんな事するかな?

でもカミソリの件はニックが関係してると
考えたほうが普通だ。

でも深読みすると、ニックが寝返ってるなら、
この場面でニックを使うのは、かなりもったいない。

今後明らかに疑われるからね。

8年の捕虜生活は人間を変えるだろう。
でも完全な転向なんて人間に出来るものなのか?
意味が無いような場面で幕を閉じた今回の終わり方や、
その後に流れるスティーブン・キングばりのテーマ音楽、
計算なのか、たまたまなのか、それすらよくわからない。

こういうシリアス系に、こんなにハマるのはいつ以来か?
覚えてないなぁ。

 

応援お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。