インスティンクト-異常犯罪捜査 S1 E8 / 憎悪の根源

インスティンクト ドラマ インスティンクト-異常犯罪捜査
スポンサーリンク

NYでイスラム教徒の女性が銃撃される事件が発生。

NY市では、最近頻発しているというイスラム教徒へのヘイトクライムか?という話になり、市長からニーダムとラインハートに24h以内の事件解決という命令が下る。

動機の有りそうな人物は、銃撃された女性の兄、不動産開発業者の社長、女性と同じビルに住む元軍人など。

ところがラインハートとニーダムがいくら捜査しても手がかりが掴めない上に、容疑者の誰もが犯行に関わっていないという結論に。

そんな時に、元軍人が逮捕され自白したとの一報がニーダムの元に入る・・・

 

ようやく形が出来てきた感のあるインスティンクト

このインスティンクトを初回からずっと見てきたけど、なんとなく盛り上がりに欠けるなあ、と感じていた。

面白くないと言うより、盛り上がらない、ハマれないという感じだ。

元CIAで教授で作家のゲイの主人公と、婚約者を失くした強気でキュート女性刑事のコンビという設定はとても面白いと思う。

さらに、アラン・カミングが演じる犯罪コメディという設定も面白い。

でも、犯罪捜査もコメディも、なんとなくイマイチ。

なにか噛み合っていない感じがしていたけど、ようやく今回それが感じられなくなってきた。

謎解きの部分は結構考えらていて、今までも悪くなかったけど、今回のストーリーは面白かった。

まだ、ニーダム刑事を演じるボヤナ・ノヴァコヴィッチの魅力があまり感じられないような気はする。

ここは本当にもったいない。

この人自身はすごく魅力的なので、もっと良い見せ方を考えてほしい気がする。

 

演出と映像のセンスはとても良い

この手のジャンルのドラマの場合、単純な面白さ、軽く笑える面白さが重要なんだと思うけど、このインスティンクトの場合は推理により重点を置いている感じ。

今回は新登場の警官のおかげもあって、推理シーンの進行がとても良かった。彼はこれからレギュラー入りしそうなので、その為の活躍なんだろう。でも良かったと思う。

ストーリー的にも、最後まで犯人と動機が判明しなかったので、謎解きの楽しさは今までで一番あったと思う。

それとインスティンクトは映像がキレイなことも大きな長所だ。

ファッションも良いし、街の映し方もすごく洗練されている。

演出的には、前回までは、Dr.ラインハートがひらめく時の次々と過去の映像が浮かぶ演出が、なにか変に、とても違和感を感じていたけど、今回のあの演出はよくできていた。

今までより、演出を若干控えめにしたのも効果的だったのかも?

とにかく今回のあの演出は良かった。あれがインスティンクトのキメの演出なのだから、少なくとも違和感を覚えるようではまずい。

その点からも、今回は大きく進歩したと思う。

 

インスティンクトは生き残れるか?

インスティンクトは、すでに今の時点でシーズン2への更新が決まっている。

ただ、他のシーズン1で打ち切りになったドラマより面白いか?と言われると、かなり疑問だ。

なので、シーズン2への更新は出来たが、その先となるとかなり微妙だと思う。

というのも、これからすごく面白くなるかも?という上がり目みたいなものが感じられない。

CBSで放送、アラン・カミングが主演、グッド・ワイフのプロデューサーの一人だった、クリスティン・バーンスタインが参加と、グッド・ワイフのメンバーが多数関係しているので、局の期待も高いのだろうと思う。

でも、今のままだと正直、先は短いと思う。

アラン・カミングも応援しているし、ボヤナ・ノヴァコヴィッチは最高だ。

なので、なんとかこの状況を打破してほしいと思う。

今回は結構面白かったので、さらにその上を目指して思いっきり楽しませて欲しい。

ポチッ↓とお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント