跳べ!ロックガールズ~メダルへの誓い S2 E10

ロックガールズ 跳べ!ロックガールズ(完結)
スポンサーリンク

ロックガールズ

海外ドラマ「跳べ!ロックガールズ」、アメリカだと今日の分が、
シーズン1の最終回、シーズンファイナルだったんだよね。
(あらすじは追記に)

だから相当 、入ってた。

原題は「Are We Family?」 なんだよね。
ケイリー登場の場面で彼女が仲間に演説した内容がコレだ。

ここは昨日のタイトルともかぶるケイリー最大の見せ場。

こういうの最高に面白いよ、ワクワクする。

揺れ揺れのケイリーが、名実共にリーダーになってきた。

今回は映画の「ロッキー」的な感じ。
ここまで見てきて、ロックの体操シーンって凄いね、迫力ある。
カッコイイと思うな。

このTV見て体操はじめる子供とかもいるだろう。

でも良く考えると、リアルのオリンピックももうすぐだ。

中国のエースの子も言ってたけど、4人は年齢的にギリなんだよね。

ロックでよく言ってる、女子体操選手の寿命は20過ぎくらい。
そう考えると、今アメリカで放送してるシーズン3か、次シーズンが、
ロックの最後になるんだろうね。

そうなったら残念だけど、だから今を楽しまないとね。

海外ドラマでも時々出てくる、アメリカ人がよく言う言葉で、
「人生は短い」っていうのがある。

いろんな場面で使われるけど、オレも心の中でよく言う。
恥ずかしいから心の中でね(笑)。

それより「カーター」
今回の彼は最高にカッコよかった。
オレにはカーターが今日の主役に見えたね。

応援お願いします↓

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

 

今日のあらすじはここから↓


中国代表チームをロックに招いたサーシャ。
全米代表は中国にメダル4個・金は無し。
このロックVS中国の対抗戦でそれを越える結果を残したい。
しかし全米女王のケイリーは協会からの圧力と自分を優先させる為、
試合欠場を考える。
しかも浮気問題で分裂状態だったケイリーの家族。
試合直前にサーシャはケイリーのパパを説得。
不発に終わったかにみえたが、「ケイリーを支えろ」のサーシャの言葉に
パパが奮起する。
ケイリーを励まし家族も復活。
試合はペイソンの復活やエミリー、ローレンの活躍でメダル4個に。
最後の競技でメダルを取ればロックが全米を上回る。
最後のケイリーは見事に大技を決め、金メダル獲得。
祝賀会?でデイモンが消えた理由を知るエミリー。
ラジオのコンテストで優勝し、デビュー決定のデイモンからの
手紙を読むエミリー。
指定されたラジオでデイモンからの告白を受け、彼に会いに
飛び出すエミリー。
しかしデイモンはツアーに旅立った後、、
その夜、電話で「もう一度やり直そう」とカーターの留守電に
残し、部屋で待っていると告げたケイリー。
しかしその夜カーターが選択したのは、ケイリーでなく
ローレン。
辛い時ずっとローレンだけが見ていてくれたからと、カーター。

 

コメント