THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル S3 E6

海外ドラマ「メンタリスト S3 E6」。

メンタリストを見る時は、他の犯罪物と違って
「誰が犯人?」とかは、それほど考えない。
というか、あまり気にならない。

今回の犯人は医師だったけど、
製作者は最初からそれとわかるよう、
視聴者にサインを出してた気がする。

メンタリストはレッドジョンと一部の回を除くと、
サスペンスの要素はほとんど無い。

でも毎回凄く楽しみなのは、
ジェーンのマジックが見たいからなのかなぁ?
ストーリーもそんなに凝ってるって訳でもないし。

今回の みどころは、ジェーンが棺に失踪者の遺体が
入ってると、間違えたところ。

もちろんこれはジェーンが真犯人(医師)を
ハメる為の罠。

メンタリストをずっと見てきてる人だと、
棺を開けるシーンで、被害者が入っていないだろうと
うすうす予想がつくはず。

もしくは別人が入っている、とかね。

今回は期待通り棺は元判事の母のみ、
その後さらに期待通り、医師がノコノコ現れる、と。
完璧に読めているのになんでこんなに
面白いんだろう?

それも毎回、毎回ね。
今回はやたら登場人物が少なく感じるほど
コンパクトなストーリーだった。

それでもしっかりまとまっていて、
落ちるところに落ち着いた。
推理は簡単に読めるけど、
ジェーンの行動を読むのは難しい。

やっぱりサイモン・ベイカーが面白いのかな?
来日インタビューでリズボンが言ってたように。

 

応援お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。