ダニーのサクセス・セラピー S2 E4 スランプバスター

 

海外ドラマ「ダニーのサクセス・セラピー S2 E4 / スランプバスター」

 

今まで絶賛していたダニーのサクセス・セラピー。

シーズン2が始まってもう第4話。でもここまで一度も感想を書いていない理由は、

シーズン1からこのドラマを見ている人ならお分かりのように、

ハッキリ言って全然面白くないから。

 

シーズン1が面白くてシーズン2になってスタートでつまずくパターンは、

海外ドラマでは意外と多いけど、まさかダニーのサクセス・セラピーがね・・・

 

それでもE3はまあまあ面白くて、E4は更に良くなった。

でもなぁ、シーズン1と比べるとその差は歴然。

 

一応今回の E4 スランプバスターの感想を書いておくと、

ストーリーは前年首位打者+MVPのメジャーリーガー、

スーパースター「ゴンゾ」がシーズン開幕から全く打てない大スランプに陥り、

Dr.サンティーノのカウンセリングを申し込む。

 

通常のカウンセリング+スランプバスターの女性同伴のカウンセリングで

これに対応するダニー。

しかし全くスランプを抜け出せる感じもなく、ゴンゾはダニーの腕を疑う。

逆にダニーは横柄過ぎる態度でいつまでも自己中心的なゴンゾに

患者クビを言い渡す。

 

最終的にはゴンゾの心理不安を取り除くことに成功するダニー。

ところがその時期、チームオーナー「ピットマン夫婦」の不和で、

ホークスはガタガタになっていた。

 

と、こんな話。

まあね、ストーリー的には悪くないし、最終的にピットマンの目的が

妻を取り戻す事だったというのも悪くはない。

ゴンゾも面白かったし、マイクと子供2人の関係もイイ感じ。

 

でもやっぱりシーズン1とは天と地の差があるように感じる。

そしてこのシーズン1から2の切り替えに失敗した海外ドラマというのは、

今までの経験上立て直したのを見たことがない。

なのでこれはこの海外ドラマにとって大ピンチだと思うな。

 

もちろんシーズン3が話数を削減されてアメリカで制作・放映されたのは

知っている。でもなぁ、期待していいのか?悪いのか?

難しいところだと思う。

 

ところでシーズン2に入って登場したキャラには、海外ドラマファンに

お馴染みのゲストが多かった。

 

まずホークスのオーナー、マーシャル・ピットマンには「エヴァン・ハンドラー」。

この人は海外ドラマで言うならカリフォルニケーションのチャーリー・ランクル。

 

それから90210の「ロブ・エステス」。

 

今回の第4話でゴンゾを演じたのは「アダム・ロドリゲス」。

この人はCSIマイアミのエリック・デルコだ。

ゴンゾ役、似合ってたな。

 

ダニーのサクセス・セラピーはSeason1の時から、いいゲストを連れてきていたので、

驚きはしないけど、ここだけは悪く無いと思う。

 

ただ脚本なのか演出なのか、全然噛み合ってない感じがするんだよなぁ。

どうしても否定的な話に戻ってしまうけど、あれだけ面白かったS1だからねぇ。

なんとか奇跡の立て直しを成功させて欲しいな。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。