ワンス・アポン・ア・タイム S1 E22 魔法のない国

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S1 E22 / 魔法のない国」

ついにシーズンファイナルを迎えたワンス・アポン・ア・タイムのシーズン1。

感想を一言で書くと「ビックリした」(笑)。

 

まず簡単なここまでのあらすじは、

悪い女王レジーナは、エマがいずれ自分が救世主なのだと気づき、

ストーリーブルックにかかっている呪いを解いてしまうと恐れた。

そこでエマに毒リンゴを食べさせようとする。ところがそれを食べたのは

エマの実子でレジーナの養子ヘンリーだった。

で、今回は天敵同士のエマとレジーナが息子のために共闘するという話。

 

まず驚いたのはストーリー展開の早さね。

このたった一話でエマがおとぎの国を信じるわ、オーガストは木の人形になっちゃうわ、

王子と白雪をはじめ町民の記憶が戻っちゃうわと、最終回状態だった。

これこの次のシーズンはどうするんだろう?と心配しながら見てたもんなぁ。

 

でもこれが最近の海外ドラマの進化したところだと思う。

まずレジーナに騙されて毒リンゴを食わされそうになった上に、

ヘンリーが死にかけるという事態に対しても、

エマはレジーナに対しての復讐心よりヘンリー救出を優先させている。

 

これはエマが「レジーナもヘンリーを愛しているという気持ちを知っているから」、

という理由ももあるけど、それ以上にこれを延々とやると、

この一話がメチャメチャつまらない時間稼ぎになってしまうからだと思う。

 

こういう部分ではアメリカのドラマはすごくレベルが高い。

視聴者がつまらないと思うパターンを使わないように、

そして新しいパターンをいつも探している。

結構失敗するところもよく見る部分だけど、

もうつまらないと知っているパターンを使うより、はるかにイイと思う。

 

で、その早い展開の結果、シーズン1の呪い状態から、

シーズン2は魔法が使えるストーリーブルックになる。

ストーリーブルックは「大切な人と離ればなれになる」という呪いが解けた代わりに

魔法が復活しているので、レジーナ&ゴールドさんとその他住民の力関係は

変わらないということなんだろう。

 

でもこれによっておとぎの国をそのまま現代に持ってきた設定になるので、

それも面白いというか、興味は湧くよね。

魔法がないゴールドさんに何で住民がビビってるのか?とかイマイチ

理解できない設定もあったし。

 

とりあえずこの最終回は驚いたけど、心に残るものではなかったと思う。

まあシーズン2への予告みたいな感じかな?

でもさっきも書いた通り、この記憶と魔法の復活をダラダラ見せるよりは

このぐらいキッパリ移行させたほうが楽しみは増すよね。

 

あと今回はシーズンファイナルだけあって豪華なボーナスがいくつかあった。

まずは人気俳優の2人がゲスト出演。

1人はマッドハッター役の「セバスチャン・スタン」。

マッドハッターとグレースのストーリーはまだ解決していないので、

呪いが解けてどうなるのかはシーズン2の楽しみの1つだよね。

彼の魔法も復活するのか?とか、あの帽子は今誰が持っているか?とか、

興味は尽きない。

 

もう1人の人気ゲスト俳優は狩人/保安官役の「ジェイミー・ドーナン」。

死んだ彼が一瞬でも戻ってきたのは完全にボーナスだろうね。

この人は原作が大人気の「フィティ・シェイズ・オブ・グレイ」(映画版)で

主役が決まっているそうだ。

凄い期待されてる映画だから頑張ってほしいね。

 

それから女優ではベル役の「エミリー・デ・レイヴィン」が帰ってきた。

ベルは今までの流れからそのうち登場するんだろうと思っていたけど、

このシーズンファイナルで持ってきたね。

ベルとルンペルシュティルツキンの物語は人気ありそうだから、

これもどうなるのかすごく楽しみだ。

早速魔法を優先させてるゴールドさん(笑)からして、

上手くいかせるのは大変な気がするけど。

 

ところで、今回わかりにくかったのがドラゴンの正体「マレフィセント」。

マレフィセントは有名な魔女なんだけど、マレフィセントと目の見えない魔女

(ヘンゼルとグレーテルを食べようとした)は、レジーナと対立関係にあった。

マレフィセントはいつも悪の親玉なんだけど、ワンス・アポン・ア・タイムでは

レジーナにやられちゃってた。ま、すごく悪くてヒドいヤツなんだ。

 

ということなんだけど、シーズン2が楽しみだ。

個人的にはベルとゴールドさんが一番興味あるかな?

ゴールドさんを真の愛で救えるのはベルなんだよね。

ベルファイヤでは無い。

 

あとはおとぎの国と同じ構図で争うんだろうけどそこも面白いよね。

グッドワイフ4の次にやってくれると嬉しいんだけど。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


2 thoughts on “ワンス・アポン・ア・タイム S1 E22 魔法のない国

  1. エデ

    >早速魔法を優先させてるゴールドさん
    そこは突っ込み所ですよね!
    28年間幽閉されてたベルの立場は…!
    『時間はいくらでもある』って、貴方は(多分)年取らないんだろうけど、もう時間動いてるから!ベルちゃん、おばさんにならない内になんとかしてあげて!ww(シーズン2はこの二人の痴話喧嘩がたっぷり拝めそうで楽しみです)
    おとぎの国のルンペル&ベルだと、別に違和感無いのですが、現代のゴールド&ベルだと見た目凄い年齢差が気になります…好きなんですけどね、年の差カップル

    1. ランキン Post author

      ベルファイアの時も魔法を捨てられなかったゴールドさんなので、いくらベルでもそうなりますよね。
      ベルはまともな性格なので、今後相当もめるのでしょう。別れる!とか、何回もありそうです。
      それから次のシーズンからは、現代もおとぎの国もなくなるという設定ですよね。
      魔法が復活した以上、別世界にも行けるようになるだろうし、妖精も魔法が使えるようになるのかな?
      そう考えると、次は魔法対剣とかで、アノ人達が本当に対決するんでしょうね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。