ワンス・アポン・ア・タイムの再放送

ワンス・アポン・ア・タイムワンス・アポン・ア・タイム

 

先週からワンス・アポン・ア・タイムの再放送をNHK-BSが始めた。

詳しい日時はこちらで=NHK ワンス・アポン・ア・タイム再放送

 

ワンス・アポン・ア・タイムのDVD-BOX(日本版)は、あまりにもふざけた収録方法なので

とても買う気にはなれず、そのうち出るであろうコンプリートBOXを待って、それを買おうと思っている。

 

なので今回の再放送は、個人的にも結構嬉しいタイミングだ。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2の放送も決まったし、ワンスの大ファンの自分としては、

NHKにお礼を言いたい気分だ。

 

その先週の土曜は1話と2話の放送。

シーズン1を最後まで見た後に、こうやって1話から見るのは、また新しい発見があって面白い。

「ああ、そうだったのか~」なんて思い出すことも多いよね。

 

そういうシーンはいくつかあったけど、ちょうど今、時の人になっているマレフィセントと

レジーナの関わりとか、後でフラッシュバックシーンが有る、タンス脱出作戦の会議シーンは

「あぁ、そうそう」なんて口走りながら見ていた。

 

他にもハンター(保安官)役のジェイミー・ドーナンの演技なんか見てると懐かしくなってくる。

これ今でも不思議なんだけど、ジェイミー・ドーナンの降板は、最初から決まっていたのかな?

ハンターがレジーナに心臓を握りつぶされるシーンは衝撃的な名シーンだと思うけど、

なんかねぇ、もったいないし、そこにここまでの人気俳優を使うかな?とも感じるよね。

 

それだけ保安官が魅力的だったんだと思うけど、そういえばこのジェイミー・ドーナン、

「ステラ・ギブソン」で、ジリアン・アンダーソンやアーチー・パンジャビと共演してた。

好きな海外ドラマ女優、マイTOP3に入るジリアン・アンダーソン主演のこのドラマだけど、

あれ面白いかな?

 

イギリスで視聴率がメチャメチャ良かったとか書いてあったけど、シーズン1最後まで見ても、

「ん~、ン・・・」としか言い様がない(笑)。

まあ、つまらなくもないけどね。

 

それはいいとして、ワンス・アポン・ア・タイムだ。

シーズンを通すと、「これはレジーナとゴールドさんの物語だ」と感じたけど、

最初の出だしはエマの物語なんだよね。

*3話目からはプリンス・チャーミングと白雪姫の物語が続く(これも面白い!)

 

エマを演じるのはジェニファー・モリソン。

この人は不動のマイNO.1女優。

あのDr・キャメロンが、ディズニーでどんな主役を演じるのか?

これは日本放送前からすごく気になっていた。

 

ワンス・アポン・ア・タイム開始当初のエマのイメージは、タフで孤独。

でもそれなりに社交的な性格も併せ持ち、何事にも物怖じしないタイプだ。

そんなエマが回を重ねるごとに、スマートになっていく。

 

ファッションも、最初は白のタンクトップ(笑)。

それがどんどんオシャレで洗練されていく。

これはレジーナにも言えるね。

レジーナも、カッコいいスーツをガンガン着こなすようになる。

 

その大好きなジェニファー・モリソンが演じるエマだけど、1シーズン見終わった時点での

彼女の正直な評価は平均点。

そう、見たいと思った理由はジェニファー・モリソンだけど、途中で自分が別のキャラに

夢中になっている事に気がつく。

 

それがレジーナとゴールドさん。

たぶんワンス・アポン・ア・タイム ファンの多くの人がそうだと思うけど、この2人の魅力は強烈、

逆らうのは難しい。

 

まあファンは、レジーナ派、ゴールド派、エマ・姫・王子派、と分かれるだろうけど、

誰も嫌いになれないというのが、このドラマの最大の魅力だろうね。

 

オレ的には、ちょいレジーナ寄りの立場なんだけど、ゴールドさんとベルの物語は素晴らしい。

アレを思い出すと、ゴールドさんに傾くな。

 

でも今週の再放送では王子と姫がキメまくるわけよ。

あまりにも有名な話だけど、引き込まれるんだよね。

そして毎回スポットがあたる、ゲストの話も面白いのよ。

 

もし、なんか子供っぽいから・・なんて理由で見てない人がいたら、

今週の2話は良い機会になると思う。

ワンス・アポン・ア・タイムは、こんな風に人に薦めたくなるような海外ドラマなんだよね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

コメント

  1. […] 少し前にこの再放送について感想を書いたけど(こちら=ワンス・アポン・ア・タイム S1再放送)、 […]