ワンス・アポン・ア・タイム S2 E20 / 悪い女王

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2ワンス・アポン・ア・タイム

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S2 E20 / 悪い女王」

まずオープニングでは、外から来た2人、オーウェンとタマラが拉致した船長と相談中。
ここでオーウェンは船長に対し、レジーナから父の居所を聞きだすミッションを提案する。

そのオーウェンの切り札は魔法を無効化する腕輪。
ルンペルがまだ生きていると知った船長にとって、魔法を無効化する手段はかなり魅力的。
そこで船長がこの提案を飲んだ~というのが一応のストーリー。

ところがどうも船長の当初の思惑は、オーウェンに従うというものではなかったみたいだ。
反対にレジーナと組んでオーウェンらを裏切ることを考えていた船長。
なのにねぇ・・・

 

そして今回はレジーナの過去の話がメイン。
しかも白雪と相容れなくなった確執の原因、さらにその発端にいたルンペルシュティルツキンとの関係のストーリーでもあった。
ここはワンス・アポン・ア・タイムの中核をなすストーリーだから、さすがに面白い。

もう一度優しい頃のレジーナが戻ると信じていた白雪に、少しずつ共感していくレジーナ。
ところがその話の少し前にレジーナと女王軍がやった町民の皆殺し現場を見た白雪は、レジーナを許せなくなってしまう。

ここまでのストーリーは、いつか白雪とレジーナが和解するかも?という期待をもたせるもの。
今回はダメだったけど、いつかはあるかも?そんな展開だった。

ただ、ここでわかったのは、レジーナがある種の病気だということ。
彼女はシリアルキラーと同じ社会病質者だよね。

これが先天的な精神障害でないことは間違いないので、病気と呼んでいいのか?は、正確にはわからない。
でもヘンリーに語った皆殺しの件にしても、この考え方は普通じゃないよね。
やっぱりコーラの件で壊れたってことかな?
どってにしても、この人間性では和解は当分無理だろう。

 

そしてオーウェンとタマラのコンビ。
この2人の最終的な目的は他にあるようだけど、やっぱりここにもおとぎの国の誰かが関係していると見るほうが自然かな?

ま、そうでなければ魔法の対抗策なんて作ることはできない。
でもオーウェンのオヤジの話はうやむやにしてほしくないな。
あのオヤジは結構いいヤツだったし、存在感もあったよね。

タマラと同じように息子も道を踏み外しているなら、あの正義感なる父がオーウェンを元に戻すのかな?
この2人がこんな大きな問題になるとは全然思わなかったけど、なんかの組織が関係有るようだし、今後はこっちの話が主題になるのかな?

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント