ワンス・アポン・ア・タイム S2 E21 / ネバーランドから来る影

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 ワンス・アポン・ア・タイム

 

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S2 E21 /  ネバーランドから来る影」

 

ベルファイアがルンペルと離れ離れになった直後のシーンから始まった、今回のワンス・アポン・ア・タイム。

あの後の世界はやっぱりこの世界だったんだねぇ。

ブルーフェアリーが魔法のない世界と呼んでいたし、ルンペルが呪いでここを目指した事から、そうだとは思っていたけど、それだと時間は??と思っていた疑問が今回で解消。

 

ベルファイアがたどり着いたこの世界で、彼を助けたのはネバーランドに関係ある少女。

この少女、ピーターパン、ベルファイア、そしてフック船長。

こういう構図でベルファイアと船長もつながった。

 

ところでネバーランドから来た子供を連れ去る影は、白雪やオーロラ姫の夢に出てきたヤツかな?

そうするとベルファイアというか、ニールがこの後行くのは魔法の森、そしてオーロラ姫やムーランと会うことになる・・かな。

 

そしてレジーナをさらって拷問しているタマラとグレッグ。

最初に船長が拷問に加わらなかったのは、この後レジーナと船長が組むからかな?

 

その捕らえられたレジーナを探すために白雪と王子、エマが動くんだけど、ここで一番重要なのはレジーナがやっぱりグレッグの父を殺したことだ。

あの正義感のある父を無残に殺すってのは、レジーナはグレックに拷問されて当然だよなぁ。

ま、経緯を知らない白雪がひどすぎるというのは仕方ないけど、レジーナは今回ガッツリやられるべきだ。

ただレジーナもタフだ。

この人も筋金入りのワルだから、ヤワじゃないってことか。

 

それから今回はグレッグとタマラが所属してる?謎の団体の話が少し出たけど、ここもネバーランドに何か関係があるのかな?

ここのボスは別の世界から来た誰かなんだろうけど、さてこれは一体何者なんだろう?

 

そしてタマラがレジーナから奪った黒いダイヤみたいなやつ。

レジーナは「引き金」と呼んでいたけど、あれでストーリーブルックが吹き飛んでしまうとか。

次回はついにワンス・アポン・ア・タイム シーズン2の最終話。

今の感じからは謎の大半が残りそうな雰囲気だけど、最近の海外ドラマのパターンからしてアッサリ明かされる可能性もある。

 

どっちにしても次回は注目だ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント