ワンス・アポン・ア・タイム S1 E17 帽子の男

ワンス・アポン・ア・タイム ワンス・アポン・ア・タイム
スポンサーリンク

 海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S1 E17 / 帽子の男」

おすすめの海外ドラマ、ワンス・アポン・ア・タイムに、
今回は3つ目の世界「ワンダーランド」が登場。

考えてみればそうなんだよね、おとぎの国にはいくつかの世界がある。

そしてあのレジーナでも、ワンダーランドには簡単にいくことが出来ない。

そんなワンダーランドへ行く道を知っている男、マッド・ハッターこと
ジェファーソンが今回の主役。

 

マッド・ハッターは、このタイプの物語では完全なイカレ野郎として
出てくる事が多いけど、ワンス・アポン・ア・タイムでは娘思いの
悲しい男という設定だった。

簡単に言うと、レジーナに騙されワンダーランドに取り残されてしまい、
さらに呪いの国ストーリーブルックでも囚われている帽子職人。

このジェファーソンが悲しいのは、囚われた理由(正確には騙された
なんだけど)が、娘に人形を買ってあげたいために、娘のそばを
離れた~という、一体何が悪いんだかわからない理由だって事。

これは相手がレジーナなので、理由もなにもないんだけどね。

 

それはそうとこの役を演じたのはセバスチャン・スタンだった。

彼がどんな役で出るのかな?とずっと思ってたけど、こうきたか。

役がマッド・ハッターで、役者がセバスチャン・スタンというと、
基本通りのイカレ系か、寡黙な感じか、と思うけど、
娘と離れ離れになった悲しい男とはね。

なんかイメージとは違ったけど、「そうかぁ」と妙に納得できる
キャスティングだと思う。

 

それにしてもレジーナはオニだね。
レジーナの大ファンなんだけどさ、この身勝手さと非道さは無いわな。

さすがにここまでヒドイと「やめなさい」って思うわ。

 

そしてこういうのを見せつけた次にレジーナの過去か。

これが一番知りたいところだから、このパターンはバッチリだ。

あとはメアリー・マーガレット脱走を仕組んだのが、
なんとゴールドさんと町長のコンビだったと。

いや~これさ、何を取引したのか? 知りたいよね。
町長が欲しいのは、メアリーの服役だよね。
その代償にゴールドさんは何を得るのか?
これ重要だよね。

この前は町長がゴールドさんに名前を言わせた。
闇の王は自分の本名が彫ってある剣を持ってるんだよね。
この剣の隠し場所が分かれば、レジーナは奪いにいくよなぁ。

さらにレジーナはベルを持っている。

でも今回ジェファーソンの話を聞いていて思ったけど、
レジーナの家にヘンリーが養子に入ったのは、やっぱり
ゴールドさんが一枚噛んでるよな。

エマが女王を倒す切り札で、呪いを破る力があるというのは、
ルンペルシュティルツキンが何か細工をしている。

もしかして、父親への愛情・ヘンリーへの愛情を、
ゴールドさんは利用しようという作戦なのかな?

ところでハートの女王はレジーナの母親かな?

確かハートの女王は、すごいヤバイやつなんだったはず。
もし違っても、魔法使いだったよね。
それも明らかに悪党。

レジーナといたあの男は誰なんだろう?
そして白雪はレジーナの母親に何を言ったのか?
次回すごく楽しみ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ