ワンス・アポン・ア・タイム S1 E20 見知らぬ男の正体

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S1 E20 / 見知らぬ男の正体」

 

謎の作家オーガストの正体がピノキオだったので、超ビックリした

今回のワンス・アポン・ア・タイム。

 

そのピノキオのストーリーだけど悲しい話だったなぁ。

まず一番のポイントはピノキオがエマの守護者だった事。

実際はまるで守らずプーケットに遊びに行っちゃったと(笑)。

 

孤児院を抜けだしたのが7歳だからしかたがないけど、

その後完全無視はちょっとマズいよ。

それでも最後の父・ゼペットとの再会シーンはホロっときたね。

 

この一連の流れなんだけど、まずピノキオの父がピノキオを呪いから

守ったのは理解出来る。 それも最初の約束、条件通リなんだから、

ピノキオのオヤジは正しい。

 

その後のピノキオの行動はピノキオらしい話ではあるよね。

ただエマに呪いを解かせるにはおとぎの国の話を信じさせないと。

なんとなく思ったけど、まさか自分が木の人形に戻るところを

エマに見せて信じさせるのかなぁ?

 

それだとあまりにも悲しい話だよなあ。

あまりこのドラマでそういうのは見たくない気がする。

 

あとレジーナVS王子&白雪の戦い。

これとエマの覚醒がシーズンファイナルまでのテーマになりそうだけど、

まず今回の町長の作戦ね(笑)。

 

王子を誘惑して破局させようっていう、いかにも悪い女の手口。

これ危ねーなぁ、普通は引っかかるよ。

もともと町長はイケメン好きだから。

ま、王子にも手を出すわな。

 

ところでワンス・アポン・ア・タイムのストーリー、ここまでで分かっと事、

わからないことがハッキリしてきた。

 

分かったのはちょっと紛らわしいところだけど、ストーリーブルックは呪いの世界。

これを望んだのはレジーナ。

呪いをかけたのはルンペルシュティルツキン。

 

レジーナがこの世界を望んだ理由は、おとぎの世界の住民を離れ離れに

させるため。 だからストーリーブルックにいる以上、住民は家族や恋人と

幸せになることは出来ない。

 

その呪いを破れるのはエマ。

ストーリーブルックの住民でおとぎの国の記憶があるのは、

レジーナ、ルンペルシュティルツキン、オーガスト、ブルーフェアリー、マッドハッター。

ちょっと不明なのは魔法の鏡。

 

おとぎの国から来た者は記憶が消える。

でももともとおとぎの国の住民ではない者か、別の世界から来た者は

記憶があるということ。

 

そこでエマが住民を救う方法だけど、1つ解決するごとにその人の記憶が

戻るのか?それとも一気に全員の呪いが解けるのか?

ここで今後のストーリーが大きく変わるよね。

 

シリーズを長く続けるには1つ解決=記憶が戻る、のほうが

都合がいいと思う。

 

で、わからない方なんだけど、ゴールドさんがおとぎの国に

戻ろうとしているところね。

彼は息子・ベルファイアに会う為にストーリーブルックに来た。

時間が戻る(エマ登場)までに、ベルファイアが出てこなかったことで、

この世界にベルファイアはいないと判断したのかな?

 

もうちょっと説明してくれないとここはわかりづらいよ。

最後に気になったことと、一番面白かったシーンを1つずつ。

 

気になったのはエマとピノキオが通ってきた「木」。

ここにマッドハッターを連れてきたらどうなるのか?

 

そして一番笑ったシーンは、その木の前でオーガストがエマに

木になってるはずの足を見せたシーン。

自分が「ピノキオだ!」と言い出し、普通の足を見せて

「これだ!!」と言ってるオーガスト。

 

オーガストを完全にイカレてる思ってるエマ(笑)。

海外ドラマなんだから、もっとコケにしてもいいところだけど、

思わず笑っちゃったな。

サラっと流すところもエマらしくて良かった。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。