PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットS1E12

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット
スポンサーリンク

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト 12話 / 弁護士 」

今回のパーソン オブ インタレストは、CIA無し、イライアス無しの
ノーマルパターン。

パーソンオブインタレストs1-e12_01_compressed.jpg

示されたナンバーは、治安の悪い場所で生まれ育った女弁護士。
彼女は過去に犯罪歴があり、出身地的にも被害者か
加害者かの判断はつかない。
しかも金にも困っている事が分かり、、、

でも最終的に彼女の立場は被害者だった。

加害者は悪徳保護観察官と、一見 人の良さそうな役所の職員。
今回はストーリー的にも面白かったけど、
パーソン・オブ・インタレストの人間関係が
はっきりしたところが特に良かった。

パーソンオブインタレストs1-e12_05_compressed.jpg
(完全にチームの一員だ)

リースとファスコ、フィンチとカーターの関係が
かなりいい感じで出来上がった。
ここはちょっと笑える、パーソン・オブ・インタレストでは
数少ない貴重なポイント。

特にファスコ役の人の演技は、地味だけど本当に面白くて
味がある。
この人ホント、「味がある」って感じ。

ところでフィンチが保釈した若者。
彼はフィンチの亡き親友、ネイサンの息子らしい。
これで近いうちに、ネイサンに何があったか分かってきそうだ。

パーソンオブインタレストs1-e12_06_compressed.jpg
(シュレッダーにスキャナーって、恐ろしいな)

今回少しわかった事は、リースが外国の刑務所にいた事、
フィンチがネイサンの息子に、自分を隠している事。

パーソンオブインタレストs1-e12_03_compressed.jpg

ネイサンの息子の今回の行動からして、遠からずフィンチの
ウソはばれるんだろう。
ネイサンの死によってフィンチの今の行動があるんだろうから、
ここは今後に関わる大きなストーリー、

凄く興味あるけど、何となく見たいような、見たくないような。

最後に女弁護士アンドレア役のエイプリル・L・ヘルナンデスについて。
この役、彼女にはピッタリの役だったし、演技も上手だった。
今回のアンドレアは、弁護士といってもグッドワイフ的な民事ではなく
レイジング・ザ・バー的な、ほとんど金にならない刑事弁護士だ。

パーソンオブインタレストs1-e12_02_compressed.jpg
(エイプリル・L・ヘルナンデス)

「出会いが無い」ってところのリースとのワンシーンは良かったね。
最後の、リースに惚れちゃった風なところも、
このドラマらしくなくて、いいシーンだった。

 

応援お願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント