PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットS3 E9

パーソン・オブ・インタレスト シーズン3 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)

 

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト S3 E9 / 交差」

 

シーズン3になって、あまり感想を書いていないパーソン・オブ・インタレストだけど、

シーズン1,2と比べてクオリティーは維持しているし、緊張感もアクションも最高レベル、

面白さも十分、完璧に満足している。

感想を書いてない理由は、感想を書いているレギュラー番組が多かったから。

 

ということで、今回のパーソン・オブ・インタレスト、いや~ビックリした。

あのカーター刑事が死んじゃったよ・・・

思えばビーチャーの登場辺りから、対HRの役割がファスコからカーターに変わりつつあった。

さらにそのビーチャーの悲しい死は、カーターにとって非常に辛いものになった。

潔白だったビーチャーを最後まで疑っていたカーター。

あの頃すでに、カーターの死は規定のものだったんだろうね。

 

それにしても、パーソン・オブ・インタレストの中で重要な悪役を担ってきたHRが崩壊か・・

別にHRのファンということはなかったけど、パーソン・オブ・インタレストのファンとしては、

この結果は少し残念な気もする。

 

カーター刑事の死とHRの崩壊は、ファンにとってそれぞれ想うところがあると思うので、

今後は別の感想を。

 

まず今回すごく気になった会話が1つあった。

それはルートとフィンチの会話で、ルートが言った「リースの前にも部下がいた・・」と言うもの。

今までフィンチは過去のパートナーについて語ったことはなかった。

ネイサン・イングラムを失くした後、相棒がいたという話はなかったはず。

でもあのフィンチの驚きぶりからすると、間違いなくいたみたいだね。

 

それにしてもルートはどうやって気づいたのかな?

マシンは未来を見るけど、過去は語らないはず。

ルートのことだからネットで調べたのかもしれないけど(笑)、いくらなんでもそんな情報が

載っているわけがない。*フィンチだから

 

とすると、フィンチの態度や経歴から、推測をしたということかな?

そのルートとフィンチの会話では、もう一つ無視できないものがあった。

それは「ルートがマシンのプログラムコードを書き換えたね?」というフィンチの問い。

 

あれ?マシンのプログラムは例えフィンチでも書き換え不可能とされて

いるんじゃなかったかな?

ただそのフィンチの問いに、ルートはハッキリと答えてはいないか・・

でもその後の会話を聞く限り、YESに感じるよなぁ。

 

過去のフィンチVSルートの知能戦では、ややルート有利だったので、

ルートがフィンチの上を行ったということなのかな?

それが「親密」の意味なのか、それとも別の何かがあったのか?

 

それからルートが最後に言った「私を信じて」という言葉。

あれはウソに聞こえなかったし、今もルートの中にはフィンチに対するリスペクトがある。

これはリースやショウには見せない面だよね。

ルートはソシオパスなんだと思うけど、フィンチ以外の人間を軽く見ているよね。

 

ただ3話ぐらい前のエピソードで、ルートとショウが組んだものがあった。

あれはイカしてたよね。

超シンプルに任務遂行だけを優先し、悪党に容赦する必要無しと同じように考える女2人。

このコンビは、ある意味フィンチ&リースより刺激的だった。

 

今回もショウはルートの能力を使うことをフィンチに勧めていた。

このコンビはまた見てみたいと思うな。

ただフィンチ&リースの完全な敵役としては、あまり見たくない。

別働隊あたりがファンとしては最適かな?(そうはいかないだろうけど)

 

最後にカーターについてもう少し。

まあ前回の流れから、もしかして?とは感じていたので降板するのかな?

なんて思っていたけど、死とはね・・・

 

最後にリースと少しロマンスがあり、元のダンナも更生し息子も安心。

いまだにルートをミス・グローブスと呼ぶフィンチにファーストネームで呼ばれた。

ファスコとの友情も短かったけどいいものだった。

 

最期の言葉に続くのは、「この仕事をやめないで」だったのか、リースに対し

「自分を見失わないで」というつもりだったのか。

 

やっぱり、お気に入りドラマのレギュラーが退場するときは、なんとも言えない

寂しさが残るねぇ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント