パーソン・オブ・インタレスト S4 E1 / 監視社会

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト S4 E1 / 監視社会」

 

この前シーズン3の最終話を見たと思ったら、もうシーズン4が始まった

パーソン・オブ・インタレスト。

 

シーズン3の感想で、率直にパーソン・オブ・インタレストは、シーズン3より

1・2の方が面白かったと書いた。

これはシーズン通しての感想だけど、3は最終的に話がデカ過ぎて親近感がなくなったよね。

共感することが少なくなったというか・・・

 

そんな感じで始まったシーズン4だけど、これが最高に面白かった。

細かいところまでよく考えてあるし、大筋のストーリーも相変わらずしっかり繋がっていて、

シーズンのスタートして完璧な仕切り直しだったと思う。

 

まず完全に稼働を始め、完璧な監視を始めたサマリタン。

デシマは解体されたそうだが、グリアはスマホで軽々とサマリタンと会話する。

 

反対にマシンは鳴りを潜め、バラバラになった5人はマシンと連絡を取っていない。

*ルートは取れていると思われるが、ここでの言及は無し。

しかもサマリタンのスマホ対応に比べ、マシンは相変わらず公衆電話(笑)。

 

最後のフィンチの暗号文書と言い、サマリタンVSマシンは

デジタルVSアナログ的な側面があるね。

 

そのマシンの壮大な作戦の一環で、新たな身分と職を得た4人。

ファスコは変わらず刑事だけど、彼はマシンの存在を知らないので

サマリタンからすれば重要人物でも危険人物でもない。

 

残りの4人は、フィンチ=大学教授、リース=NYPDの刑事、

そしてショウは美容部員(笑)。

これショウの化粧品の販売員ぶりが面白いんだけど、そこに輪をかけて

笑わせる演出が、売り場に毎度偉そうにやってくるルート。

 

ルートの職業は明かされていないけど、面接を受けてるそうだから、

相変わらずそこら中で情報収集か工作をしているんだろうね。

シーズン4になっても、ルート=知的な上級職、ショウ=肉体労働という

図式は変わらないようだ。

 

この強大化したサマリタンと戦う、レジスタンス的なストーリーは面白いんだけど、

それ以上にコメディのパートや、重要なキャラの扱いがシーズン1,2を思わせるようで

すごく面白かった。

 

主人公はもちろん、地下に潜ってチャンスを待つイライアスも相変わらず。

知的なイタリアンマフィアのイライアスと、暴力的な腹心スカーフェイスのコンビは、

久しぶりの登場だった。

 

そういえばイライアスとリースの会話で出てきた「ドミニク」は只者では無さそうだ。

サマリタンの監視をかわし、麻薬の取引を行うこのギャングのボスは、

シーズン4の目玉の一つなんだろうね。

 

最初はドミニク=イライアスかな?と思ったけど、どうやら違うようだ。

さて、いったいどんな人物なんだろうね?

 

それから謎と言えば、最初と最後に登場した金髪美人。

この人はナゾだよね。

旧デシマ関連の人間なのは間違いないと思うけど、今回見た感じだと、

彼女の役割はサマリタン側のルートのような存在かな?

 

この謎の金髪美女は、サマリタンとライブで交信していた可能性がある。

数秒後の未来を予知したと言う事は、彼女とサマリタンは、

ルートとマシンのような関係にあるのかもしれないね。

まあ、もしかするとサマリタンは、アクセス権を持つ者全員が

ライブで情報を得られる可能性はあるか。

 

ちなみにこの金髪美人は「カーラ・ブオノ」。

マッドメンでドン・ドレイパーと付き合っていたフェイ。

ソプラノズ後期にクリスの奥さん役をやっていた女優だ。

 

と、ストーリーも演出も抜群に面白かったパーソン・オブ・インタレストの

新シーズンだけど、個人的に一番気に入ったのは笑わせるシーン。

 

これメインキャラ全員にあった。

まずルートはショウとのペアで。

ショウはそれ以外に、ロミオの件。

最後はややシリアスになったけど、これもマシンの指示だろうね。

 

あとショウはシーズン3に引き続き「食べる」。

リースは久しぶりにあのシーンが帰ってきた。

リースが酒場など、不良がいる店に入っていくと、

カメラが店外から窓を映すシーンに変わり、中からガラスをぶち破って

男が飛んでくるヤツね(笑)。

これ好きなんだよなぁ。

 

でもフィンチのコメディが今回は一番冴えていた。

最初のほうかな?

フィンチが教壇に立つと、デカい教室に受講者は数人。

しかも最前列にいる女子学生は、谷間丸出しのセクシーな服を着て

フィンチにアピール(笑)。

頭のいいフィンチは、すぐに成績の交渉はしないとピシャリ。

するとセクシー女学生はさっさと席を立つ。

 

こういうの面白いな。

フィンチにぴったりだった。

そういえばフィンチの最後のシーンはマシンの場所かな?

それとも新たな図書館か?

 

ということで、パーソン・オブ・インタレストの新シーズンは最高だった。

あれだけ面白かったアローが前回、超ガッカリだったので、

今後はこっちに期待しよう。

 

最後に今回の豪華ゲストの話を少し。

最初に金髪美人に殺されたジャーナリストは「フレデリック・ウェラー」。

グッドワイフでウィル・ガードナーと殴り合いをした弁護士役の俳優。

 

アラブ系のコンピューター技師は「ナヴィド・ネガーバン」。

この人はホームランドのアブ・ナジール。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 (写真CBS)

コメント

  1. 馬場 より:

    すぐ始まって ストレス無しでした

    近未来は大好きです

    それにしても よくこんなに理解していますね すばらしい

    読んでいて あぁーー なるほど そうだったそうだった

    ええーー  そうなのか~と
    感心しまくりでした

    すばらしいっ
    パチパチ

    こんな恐ろしい監視社会のドラマですもの
    笑いがないと・・・・・  たまにエロもないと・・・・

    私なんて平均以下の凡人ですから

    ドラマ見たあと 理解している人の感想をよんで 納得しています

    また来ます。 お気に入りに入れました~

    • ランキン より:

      こんばんわ。

      まあ、理解してるというか、何も見逃さないように見てるだけですよ。
      オタクみたいなものですので。

      でも間違うこともよくあるので注意して下さい。
      その時見たことの感想を書いているだけなので、次回を見たら
      間違いだったというのが、今迄何度もありましたから(笑)。

      では、またお気軽にコメントして下さい。