パーソン・オブ・インタレスト S4 E4 / ブラザーフッド

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト S4 E4 / ブラザーフッド」

 

シーズン4のパーソン・オブ・インタレストは、最高だった1・2の頃に戻った雰囲気なんだけど、

今回の第4話はシーズン1のあの名シーンをトレースしたような一話。

 

まずなんといってもこの第4話で明らかになったドミニクの正体。

結構いきなりきたな、という印象があるけど、このドミニクの登場パターンは、

カール・イライアスのパーソン・オブ・インタレスト初登場時と酷似していた。

 

イライアスの時は、リースがナンバーの出た彼を被害者と思い、ロシアやブルガリアの

マフィアから救った。

結局その時のリースのお陰で、イライアスはその後NY最大のマフィア組織としてのし上がる。

 

シーズン4では、ここまでナゾの存在だったギャング組織「ブラザーフッド」のボス、ドミニクだ。

頭が切れ、非常に用心深いこの人物は、イライアスのように別人を装い、部下に指令を出していた。

 

そしてドミニクの場合は、ショウがパートナーとなった。

ショウもリースのように、自分が連れている男が、まさかボスだとは思わず・・・

という展開だったけど、ドミニクもイライアス同様、ショウの背後にいる何者かの存在に気がつく。

 

これだけ早くドミニクの正体をバラしたということは、今後のマシンとの関わり方が広がるね。

マシンというか、チーム・フィンチとか。

まさか仲間にはならないだろうけど、イライアスのように付かず離れずの関係かも。

 

そして重要なのは、パーソン・オブ・インタレストにギャングの登場人物は2人はいらないということ。

今シーズンで、おそらくドミニクかイライアスの死があるんじゃないかな?

 

そういえば関係ない人物が金を拾い~という展開も前にあったよね。

あの時はナンバーが複数人出た記憶があるけど、あのエピソードもすごく面白かった。

そして今回のあの子、男の子は再度登場しそうだけど、その時にドミニクがどういう人物なのか、

ハッキリ分かるような気がするな。

 

それから今回はギャングの話だったからか、コメディ的なノリは一切なかった。

これもシーズン1の頃のようなダークナイト風タッチで、なかなか良かったと思う。

 

それにしてもパーソン・オブ・インタレストはシーズン4で完全によみがえったね。

前回のストーリーを、すぐに引き継がない独特な展開も戻ってきた。

そう思って油断しているところに、いきなりデシマやコントロールがド~ンと降ってくるのが

パーソン・オブ・インタレストのパターンだ。

 

予告を見ると、次もなんとなく前に見たことのあるような感じだったけど、

このパターンも面白いね。

そのうち絶対にド~ンと来るから、それまではネイサン・イングラムが残した仕事を、

フィンチたちが豪快に片付けるのを見て楽しもう。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

コメント