パーソン・オブ・インタレスト S4 E14 / 陪審員

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト S4 E14 / 陪審員」

 

今回はショウに加えルートも出番なし。

ファスコも少ない出番という、シーズン2までのパーソン・オブ・インタレストが帰ってきたような内容。

サマリタンの話もほぼ無かったし、久々の大物ゲストも登場。

今シーズンのこの場面で、こういうストーリーを挟むのはいいタイミングだと思う。

 

ナンバーが出たのはやや年配の女性。

見た感じ良い人そうなんだけど・・という昔良くあったパターンだ。

もちろん加害者か被害者かは不明。

でも捜査を進めていると、どうも被害者のような感じがしてくる。

 

この被害者なのか?加害者なのか?とか、周辺の人物で誰が加害者になるのか?という推理は、古き良きパーソン・オブ・インタレストだよね。

 

そしてここに今回は、あのゾーイ・モーガンが加わった。

相変わらず切れ者フィクサーのゾーイなんだけど、今回はなんとリースにお相手が・・という事に。

ん??この回にゾーイを登場させるってのは賛否両論ありそうだけど、まあリースと何かありそうだったセラピストとの話なので、ここは今後が楽しみになってきた。

 

今回もゾーイとリースのコンビを見るのは楽しかったけど、この2人はどうするのかな?

途中の、すごく大人の会話はカッコ良かったけど、いつかはこの2人がうまくいくのを見てみたい気はする。

 

そして黒幕は企業のCEOと、その男が送り込んだ刺客だった。

この最後まで誰が黒幕なのか不明というストーリー展開もシーズン1や2でよくあったパターン。

今思い出すと、あの頃のパーソン・オブ・インタレストは面白かった。

新しかったし、今より面白かったよなぁ。

ただこの設定で続けるというのは、マンネリや停滞になるね。

なので動き出したこのドラマは、どんどん展開していくしかないんだよね。

 

で、最後に悪者は捕まり、善人は次の道を見つける。

そしてリースはセラピストと一歩を踏み出した。

でも今回一番目立ったのは出番が少なかったファスコだった。

 

あの汚職警官が、ここまで変わるんだもんなぁ。

このファスコのストーリーはパーソン・オブ・インタレストを大いに盛り上げてる。

カーターを切ってファスコを残したのは、やっぱり正解だったんだろう。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント

  1. 匿名 より:

    カーターを切ったのではなく、他ドラマに出演するための降板では…

    • ランキン より:

      タイミング的には微妙ですが、本当はどうなんでしょうね?