PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットS2E13

海外ドラマ「PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットS2 E13 / 亡霊 」

今回のパーソン・オブ・インタレスト、かなりあっけなく
CIA(元か?)職員2名が死んだ。

カーラとスノーのリタイアなんだけど、これは実際どうなんだろうね?

この2人には能力が備わっていたので、リースにとって今後も相当強力な
敵になることは間違いなかった。

カーラは誰に雇われていても良かったし、スノーはCIAに復帰しても
別の組織に雇われてもいい味が出せたと思う。

ただちょっと別の見方をすると、前回書いたようにカーラ役の
アニー・パリッセは新ドラマのザ・フォロイングでかなり重要な役を
現在演じている。彼女がそっちを選んでのリタイアーだったって事も
十分ありえる。

そういえば前回のザ・フォロイングには、リースの死んだ婚約者
ジェシカ役のスーザン・マイズナーが、ライアンの妹役で出てたなあ。

あの人は40代だそうだけど、20代後半といわれてもおかしくない
ぐらい若かった。

話を戻すと、スノーとアリシア・コーウィンが、オルドスへの派遣を
リースとカーラに伝えたシーンが今回リピートされてたけど、
あの時の4人でリース以外は全員死んだことになった。

スノーはCIAに残りリースを追う、アリシアはCIAを辞め(無断欠勤?)で
フィンチを追い詰め、カーラは傷が癒えるとスノーとリースを操った。

リースのCIA関連のストーリーは最後まで面白かったけど、
とりあえずこれで決着がついた。 つでにスーツの男の件も。

そして今回残った謎も巨大だ。
まずはカーラを雇った組織。 これは中国軍と通じていることから、
おそらく反米的か反西側諸国の側面を持つ組織なんだろう。

もしかするとハーシュが所属してる組織かな?
あそこも今のところ完全に謎。 もう一つ元MI6の組織も可能性はある。
そして全部が一緒ということもありえる。

ただタイタンの話からして、アメリカ国内の民営組織というのは確実。
ここはこれからの展開を見守ろう。

それと一番関心があるのは、ラップトップとリース&カーラ殺害を
命令した人物がフィンチだったこと。

あのシーンでアリシア・コーウィンが言ったのは、
「ペンタゴンが中国にラップトップを売った」とか、そんな内容。
でもフィンチはペンタゴンじゃないんだよな?

当時政府の組織と10ドルで・・という話の頃だろうから。
そしてこの直後に死んだと思われるネイサン・イングラムも
確実に関わっているだろう。

問題はフィンチが多少の犠牲を覚悟で命令したのか?
それとも意図しない方に物事が転がったのか?
理由はあるだろうけど、前者のような気がするな。

よく思い出すと、フィンチはマシンを制御できると思い
ネイサンは無理だと思った(逆だったかな?)。

という事は、このどちらかがマシンの何かを中国に売ると
見せかけ、その直前で空爆したということなのかな?
そして謎の組織か政府がその動きを察知していた・・・
みたいな感じかな?

最後に中国で空爆される直前、リースに背を向けていたカーラが
リースが撃つのを躊躇したというのを知っていたところは良かった。

結局カーラは撃つんだけど、氷のようなカーラもリースには
気があったというのは面白いストーリーだった。

とにかく今回の感想は、カーラとスノーという魅力的な
キャラクターを失ったのが残念だった。

 

応援↓お願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

日本語吹き替え&字幕ブルーレイ 左S1・右S2

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。