レイジング・ザ・バー 熱血弁護人 S2 E3

海外ドラマ「レイジング・ザ・バー S2 E3」

邦題は「ボタンを巡る駆け引き」。

前に書いたけど、S2のE1と2を見た感想はガッカリ。

で、今回のE3なんだけど、ちょっと感想が難しい。

このエピには2つの事件があって、
1つは邦題にもある事件で、主人公のケラーマンが扱う。

もう1つは検事マーカスvs弁護士ロズが担当する差別事件。
まず邦題のボタンの方は、まるで話にならない。

S1で正義の弁護人だったケラーマンが、
仕事をおろそかにしすぎ。

S1の彼は大好きだったけど、2では問題外だ。
役者の話じゃなく、役の話ね。

レイジング・ザ・バー01.jpg
(この人のファンなんだけど出番少ないね)

でももう1つのストーリーは、まさにレイジング・ザ・バー。
これを待ってたんだよね。
事件の内容は、ゲイの男性が3人組のアフリカ系若者に
暴行され骨折などのケガをするというもの。

焦点はゲイを理由にした差別的な暴行だったのか?という事。
訳では憎悪犯罪としていたけど、単なる暴行とは刑期が10年以上違う。

これ、実際は双方共に汚い部分があるのだと思う。
内容は違うけど、日本でも似たような暴行事件はある。
この判決では加害者が一方的に断罪されたけど、
おそらく実際は違うと表現したかったのだろう。

たぶん両者がウソの証言をしていて、
共に憎悪があるという事なんじゃないかな?

この件の感想は避けるけど、ドラマとしてはマーカスの弁舌が素晴らしかった。
セリフも演技も完璧、被告も好演だと思う。

レイジング・ザ・バーはアメリカの裁判がどういうものかを
よく表現できている凄いドラマなんだよね。

残り10話と少し。
本心をいえば、まだかなり期待しているし、
応えてくれそうな予感がしている。

 

応援お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ