リベンジ S1 E11

海外ドラマ「リベンジ / Revenge S1 E11」。
先に感想を言っちゃうと、今回はなかなか面白かった。
でもちょっと残念な面もあったかな?
今回は序盤からエミリーがノーランに謝罪するシーン
を持ってきて、気合入ってた感じ。
そして意外なのが、ヴィクトリアとコンラッドの離婚が
ストーリーの本筋になりそうな事。
エミリーと弁護士の狙いが最後に少し見えたけど、
これを決着させると、コンラッドが排除される事になるんだよね。
ヴィクトリアとコンラッドは、そう簡単に消えてもらっちゃ困る。
あの2人が骨のない相手じゃ、興醒めにも程がある。
なので2人にはちょっとガンバってもらわないとね。
リベンジみたいなドラマは、それなりに敵が強くないと
あまり面白くないんだよね。
今回のタイラーはわりと切れ者で、行動も読めなかったから
ここで消しちゃうのはもったいないと思うな。
アシュリーもね、エミリーと張り合うほうが良かった。
そうは言っても、タイラーは消えた訳じゃない気もする。
たぶんどこかで脱走したとかで、誰か殺しそうな気がする。
個人的にはそんな使い方はして欲しくないけどね。
こうなると今後一番期待出来るのは、
「ヴィクトリアvsアマンダ」かな。
予告ではエミリーとアマンダが組みそうだったけど。
一番面白い展開は、エミリー・アマンダ・グレイソン家が
独立して争うのがいいかな。
そういえばアマンダは殺しも余裕でOKなイカレ女。
バチバチやって盛り上げて欲しいね。
次回予告に出てた作家?は、よく見る俳優だけど、
あれはかなり排除濃厚な感じ、、
でも実は超悪党とか強敵とかで予想を裏切って欲しいね。
応援おねがいします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ