スキャンダル 託された秘密 S1 E3 / 女の怒り

スキャンダル 託された秘密 スキャンダル 託された秘密

海外ドラマ「スキャンダル 託された秘密 S1 E3 / 女の怒り」

ちょっと気張り過ぎな感じもするけど、このスキャンダル、
ここまでの3話見た感じでは、テンポよく話が進み、
だんだん各キャラの背景も見えてきて、なかなか面白いと思う。

演出的には豪華で洗練されている。 でも、、

まずオリヴィア・ポープは、ダメージのパティみたいなタイプかと
思ったけど全然違うね。 この辺は元ホワイトハウス、
前大統領補佐官だったフィクサーというには、リアリティーが
無さ過ぎる。

ここは最初から思ったけど、まあ何とか目をつぶろう。
演出はたぶんグッド・ワイフを意識してる、または競合する
視聴者層をターゲットにしてるって感じ。

撮影の仕方もグッド・ワイフと同じようなのが何回かあった。
ストーリー的に、今まではグッド・ワイフの足元にも及ばないと
思ってたけど、今回のラストを見て少し考えが変わったね。
特に今回のストーリーは良かった。

ボンボンが逮捕された件じゃなくて、記者と交渉したオリヴィアの
手腕ね、あそこはフィクサーってこんな感じなんだと初めて感じた。

この調子なら、法廷に立たない弁護士でも興味は湧くな。
まあボンボンの件もいい終わり方だったし、最後に大統領首席補佐官が
オリヴィア・ポープに敵意むき出しになったのもいい筋書きだ。

今のところ大統領はとんだ腰抜けだけど、補佐官はこのくらい強さを
出したほうがいいね。 やられたらガツンとやり返さないと。
ま、間違えなんだけど(笑)。

なんとなくファーストレディが何かに気付いてるような演出も
視聴者は気になるよね。

それにアマンダの電話相手も、もしかして大統領夫人かな?

あともう1人、検事もいいと思う。 彼は最初からキャラが
しっかりしていて、検事らしいよね。

ちょっとマック・テイラーみたいな厳しさがあるのがいい。

と、いいことが多かったスキャンダルだけど、どうしても
納得出来ない、意図がわからないことがある。

このドラマがスキャンダル中心のフィクサーが主役で、
最もスキャンダラスなのが、オリヴィアと大統領の不倫。

その設定は必要だったのかもしれないけど、オリヴィアが不倫関係に
あった補佐官時代、大統領夫人と毎日のように顔を合わせてたのに、
しれっと友達ヅラしてたわけだよね、当時は。今もか。

それもオリヴィアは大統領の子供とも友人なわけでさ、
この偽善者ぶりは吐き気がするよな。

別に不倫しようが乱交しようが自由だけど、近い知り合いで、
家族付き合いまでしてる相手となんて、許し難いけどね。

さらにこの大統領、別のホワイトハウス職員にも手を出してる。

そのうえ、女の対応全てで、あの軟弱ぶり。
こんなのがアメリカ大統領なんてあり得ないでしょ。

24のローガン大統領より、ずっと格下に見える。
狙いかもしれないけど、この海外ドラマ史上・最弱の大統領と
オリヴィアには、どうしてもいい感情を持つ気にならん。

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ