今見てみたい、日本未放送海外ドラマ

海外ドラマを語る
スポンサーリンク

2015年7月の時点で日本未放送となっている海外ドラマで、すごく見てみたいと思うものを紹介します。

まず自分の話からなんだけど、先週から急に海外出張が決まり(約20日間)、いつも書いているドラマのレビューが出来なくなってしまった。

ブラックリスト2のシーズンファイナルやアメリカン・ホラー・ストーリー、スコーピオンなど、レギュラー状態だった海外ドラマを見られないのはツライね。もちろんレビューもできないのも・・

 

ただこっちで見られるものもあるので、その辺はこれからも書いていこうと思います。

その前に、いま見てみたい海外ドラマについて。

3年前かな?これと同じ記事を書いた時=2013年 見たい海外ドラマ

この時はハート・オブ・ディクシーが初放送されるのを喜んで、ワンス・アポン・ア・タイムの放送を希望していた。この他に、もう一度同じような記事を書いたんだけど、その時に日本初放送希望としてあげたのが「シカゴ・ファイアー」。

 

シカゴ・ファイアーは残念ながら、未だに日本では放送されていない。

元アクション専門局のAXNがやってくれるかな?とずっと期待しているけど、これはどうも無理そうだ・・

 

で、今回飛行機で見た日本未放送海外ドラマで、かなり面白そうなものが2つあったので、その話をしようと思う。

これは日本語字幕もなかったので、とりあえず日本放送も決まっていないはずなんだよね(たぶん)。

最初にタイトルをあげておくと、1つは「ザ・フラッシュ」、そしてもう1つは「ストーカー」。

 

ザ・フラッシュはまず間違いなくAXNで放送されると思うんだけど、なかなか発表が無いね。

ストーカーについても、同じような商業的背景のホステージをAXNが放送していたので、AXNの線が強いのかな?

では最初にザ・フラッシュの話からしよう。

このザ・フラッシュは、アローからの派生なので今更説明の必要はないと思う。

ただ1・2話を見てみて、これは想像以上に面白い!と感じたね。

 

これはアローとのクロスオーバーエピソードでも十分に感じられたけど、何といってもバリー・アレン(ザ・フラッシュ)の爆走シーンがメチャメチャカッコいい!

あれはさ、アローのシーズン1で、オリバー・クイン(アロー)が上半身裸で鍛え上げているシーンや、徐々に強くなるオリバーが、スレイドやヤオ・フェイとファイアーズの軍隊と戦うときのあの面白さに匹敵するね。

あの頃のアローも超カッコ良かったし、脚本も完璧といえる面白さがあった。

 

まあ、ザ・フラッシュはアローと製作者がほぼ一緒なので、アローの時の良さをザ・フラッシュで引き出すことは可能だよね。

で、このザ・フラッシュは、アローのようなダークな雰囲気(特にシーズン1)は全くなく、むしろ明るく悪者を退治していく。

ここはどうもアローとの最大の差別化要因としてアピールしているようなんだけど、ものの見事に成功していると感じた。

 

例えばアローの中で明るめのキャラ、息抜き的なキャラと言うと、もちろんフェリシティー(エミリー・ベット・リカーズ)だよね。 反対にザ・フラッシュでは?というと、ほとんどがコッチ系のキャラな訳よ。

ちょっとネタバレを書いていしまうと、おそらくシーズン1で最後の敵になりそうなのが、ザ・フラッシュを援助している脚に障害を持つ(?)男。

この男は、要はバリー・アレンやその仲間達を騙しているんだけど、そんなキャラにさえ息抜き的な雰囲気をもたせている。

 

この明るさ+バリバリの超人(メタヒューマン)のパワーが、もう爽快そのものなんだよね。

ちょうどアローをダークナイトに例えるなら、ザ・フラッシュはスモールビルかな?

でもスモールビルより断然ザ・フラッシュが面白いけどね。

いやいや、スモールビルもシーズン1の頃は面白かった。

レックスとクラークの友情を応援したもんなぁ。

 

ま、そんな感じで、アローのバリーを見て、絶対ザ・フラッシュは面白いぞ!と感じた人は多いと思うけど、実際はそれ以上だと保証できるよ。

とにかく放送が楽しみだ。

 

次に海外ドラマのストーカー。

こっちは、あのマギー・Qとディラン・マクダーモットがW主演みたいな感じのサスペンス・スリラー。

こっちは1・2話と3話を途中まで見たんだけど、なかなか面白いと感じた。

 

まずキャストがいい。

マギー・Qは今回も存在感抜群で、やっぱりセクシーだし、切れ者風の演技も冴えてるし、なによりもカッコいいよね。

今回は刑事(捜査官かな?)なんだけど、相変わらず着こなしも素敵だ。

スタイルもシビれるよね。

 

そして主役の片割れ、ディラン・マクダーモット。

この人は演技のオニだと過去に書いてきたけど、実はこのストーカーでは、まだそこまでのオニぶりを発揮できていない。

少し淡白な印象があるのが気になる。

もちろん存在感はある。

そしてキャラ設定も悪くはない。

ただひとつストーカーが不幸だったのは、アメリカン・ホラー・ストーリー精神病棟での、恐るべき演技をまだ視聴者が覚えているからだよね。

とはいっても、見たのはまだ3話。今後どうなるかは見守っていきたい。

 

それから、そのディラン・マクダーモットの元奥さん役のエリザベス・ローム。

この人も相変わらず美人でいいね。

美しいブロンドも歳はとっても衰えはない。

そして登場シーンは少ないけど、なかなかいい演技をしていた。

 

ストーカーに関しては、書くこと全てがネタバレになってしまうのでやめておくけど、シーズンが更新されるようだと、かなり期待できると思う。

 

ということで、このザ・フラッシュとストーカーはぜひ見てみたい、なんとしても輸入してほしい海外ドラマだと思う。

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました