スーツ S3 E6 10年前の約束

スーツ シーズン3 スーツ
スポンサーリンク

Suits: Season Three [DVD] [Import]

 

海外ドラマ「スーツ S3 E6 / 10年前の約束」

 

スーツのシーズン3も6話まできた。

今回はタイトル通り、ハーヴィーとマイクの昔話が中心。

ハーヴィーは元上司キャメロンとの確執の理由、ドナとの恋愛、そしてジェシカとの過去。

マイクは大学を挫折した理由・・・

 

まあ、それぞれ理不尽な過去を克服してきているのだけど(マイクは克服できていない)、

スーツという海外ドラマには、そういうシーンは似合わないと思う。

 

ここまでスーツを見てきて、この海外ドラマには一つ鉄の掟があることに気付いていた。

その掟とは、「決してハーヴィー+マイク+ジェシカは負けることはない」というモノ。

 

要するに今戦っている、キャメロンとの争い、そして表面化していないが確実にありそうな

スティーブンとの争いに、ハーヴィー一派が負けることはなく、ハーヴィーとジェシカが

袂を分かつこともないということ。

 

ある意味、リーガル物には致命的な欠点だと思うし、これがバレてるとリアリティも

大幅に失う。 なにしろ全勝するのがわかってるリーガルドラマなんて、

全然面白味がないよね。

 

でもスーツが面白いのは、そこをマジメに見てはいけないドラマだからだ。

裁判の内容や整合性なんてどうでもいい(笑)。

クサイ正義論なんて、視聴者は無視すればいい。

 

今回はスーツの気に入らない面が出たから、こんな風に否定的に書いてるけど、

ここを受け入れればこのスーツは本当に楽しめるんだよね。

 

そう、スーツの正義や裁判、弁論、弁護戦略は、すべて中途半端でリアリティは無い。

だからこのドラマを見るときは、ハーヴィーやマイクのスーツのセンスの良さや、

美人揃いの女優、コメディタッチのシーン、そしてなんといってもルイス・リット。

この辺に注目して、面白おかしく見るのが最高。

 

特に今はルイスとカトリーナが最高に楽しいね。

ちょうど前回のエピソードとかすごく良かった。

あれだけ仲が悪かった、マイクとカトリーナに友情が芽生え、

ルイスとカトリーナには師弟関係が生まれた。

ルイスのライバルになりそうだったイギリス人が、またいなくなったのは

残念だけどなぁ。

 

ところでハーヴィー役の「ガブリエル・マクト」、この前たまたま見ていた映画、

アン・ハサウェイとジェイク・ギレンホールのやつ(アン・ハサウェイが病気の役)に出てた。

「ああ、あれハーヴィーだったんだ~」なんて思ったけど、この時のガブリエル・マクトは、

メチャメチャかっこ良かったな。

 

ああいう、クールでスカした役がこの人には合うね。

ハーヴィーもある意味そんな感じだけど、もっと極端でもいいと思った。

逆にマイクとルイスはちょうどいい。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント