スーツ S4最終回 E16 / 愛の示し方

スーツ シーズン4 スーツ

 

海外ドラマ「スーツ S4最終回 E16 / 愛の示し方」

 

今回のスーツはシーズン4最終話。

今シーズンのスーツはマイクの投資銀行家への転職という大きな変化で始まり、ハーヴィーとドナの恋愛ストーリーで終わった。

まず何回か書いたけど、マイクの転職は最高のアイデアだと思ったし、事実スタートは最高に面白かった。

そして肝心な最後のほうなんだけど、これがちょっと評価に困る。

なんといってもこの話は前回何の前触れもなく突然出て来た事なので、正直どう評価すれば良いのか・・・

 

しかも普通に考えたら、この話はドナが切り出しハーヴィーが決断するという流れのほうがうまくいきそう、

まあ、そこを逆にすることで視聴者の意表をつけるので悪くはないと思う。

面白くないこともなかったし、この続きが見たいか?と聞かれれば「うん」と応えるだろう。

でもなぁ、この2人に関しては、もう少し時間をかけた方がいいんじゃないかと思う。

今までが今までだけにね。

 

時間をかける話で言えば、今回のルイスの秘書の死に関して。

これも突然過ぎる話で全く感情移入ができなかった。

だいたい、その秘書も「誰?」って感じだったし、誰かもわからないキャラにルイスが感動的なスピーチをしても、何がなんだか・・

これは最後のシーンへの布石だったようだけど、急遽シナリオを変更したという感じが否めなかった。

 

と、まあ悪い話は以上かな。

このシーズン4最終回、ソレ以外は概ね面白かったと思う。

まず一番気に入ったのは過去のシーン。

ハーヴィーとドナの馴れ初めは、ハーヴィーがドナを見出したんじゃなくてドナがハーヴィーを見出したんだねぇ。

現実にはこんな出会いは難しいだろうけど、これはなんかいいなと思った。

こういうデキる女っていいよね。

自信満々なのもワクワクする。

そしてこの2人のファッション。

当時が何年前かわからなかったけど、まずハーヴィーのスーツがカッコいい。

ちょうど現在の方で着ていたスーツの光沢無しバージョンみたいな感じだったけど、すごくカッコ良かった。

今のほうが少しスリムな作りで、生地もおそらく高いんだと思うけど昔の着こなしのほうがカッコよく見えた。

そしてこれはドナにも言えるよね。

ドナの昔の服装、髪型、これも良かった。

これは前にも書いたけど、この人は控えめな服装にするとかわいく見える。

美人は得だよねぇ。

 

そういえば最初の祝勝会シーン(過去の)。

ハーヴィーが飲んでいた酒はマッカランの18年。

そこにフォースマンがおごったのは同じくマッカランの36年。

マッカランといえばLostでデズモンドが飲んでいたやつだ。

高価なシングルモルトというと欧米人の大好物、そして映画でも海外ドラマでもウォール街の投資銀行員が決まって注文するよね。

なのでハーヴィーの好みだというのは少し違和感があった。

ハーヴィーはリッチでオシャレで成功者そのものなので、そういう趣味も想像できるけど、なんとなくイメージが違うように感じたのはなんだろう?

 

それからマイクとレイチェルか。

2人はなんと結婚してしまった。

でも今レイチェルは学生のはずだよなぁ。

もちろん仕事はしているけど、そんなに給料が良いとは思えないし、マイクは偽弁護士だし・・・

お嬢様育ちのレイチェルに過酷な将来が耐え抜けるのかな?なんて思うけど、まあここはドラマってことなんだろうね。

でも、最初にスカートに惚れたというセリフは最高だった。

確かに、あのスカートには惚れるよ(笑)。

 

最終的にはマイクとレイチェルが結婚、ハーヴィーの秘書を辞めたドナはルイスの秘書に。

まあそこまで大きな変化では無いと思うけど・・

ハーヴィーとドナの恋愛だけ持ち越しで、その他は多少進展したという感じ。

先の期待感という意味ではやや弱いけど、今の路線でいつも通りのスーツでということなのかな?

それとも新シーズンは序盤にサプライズがあるのかな?

 

今シーズンはいろいろ批判的なことも書いたけど、とりあえずいつものメンツに戻したスーツ。

シーズン5を個人的にはそれほど期待していないけど、そんな予想をひっくり返してくれるとうれしいね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント