ブラックリスト S3 E11 / グレゴリー・デヴライ

ブラックリスト シーズン3 ブラックリスト
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「ブラックリスト S3 E11 / グレゴリー・デヴライ」

 

前回の局長・後編がイマイチの出来だったので、あまり期待していなかった今回。

でも今回のブラックリストは、とてもとても面白かった。

 

まずなんといっても脚本が最高。

あのレイモンド・レディントンが、実は偽物で~という話なんだけど、この脚本が実に凝っていて面白かった。

レッドが2人出てきて、一体どっちが本物なんだ??という内容なんだけど、一見バカバカしいような話だが、これが最初から仕組まれていた壮大な計画で、映画の脚本並の面白さ。

この計画は全てレッドが描いた筋書き。

自分がFBIに対し情報を提供し、ライバルを消していることをライバルに嗅ぎつけられたレッドが、この計画で自分の潔白を立証(もちろん本当はクロ)し、更にライバルの排除に成功する。

 

この脚本はうラックリストらしいというか、レッドらしいとうか・・いや、ホント面白かった。

レッドの偽物はレッドの親友で詐欺師の「グレゴリー・デヴライ」。

グレゴリーは、あのレッドに自分の役をまかせるならこの男しかいない!と言わせるほどの天才ペテン師。

このグレゴリーが、ブラックリストのオープニングのレッド逮捕シーンのような謎の逮捕シーンを演じるんだけど、これも緊迫感があり、全く意味不明なミステリー性があり、すごくワクワクしたね。

 

グレゴリーを演じたのは「ジェイク・ウェバー」。

ジェイク・ウェバーといえば、アリソン・デュボアの旦那のジョー役で有名。

少し前にザ・フォロイングで、ジョー・キャロルが逃げ込んだカルト教団の教祖を怪演していた。

今回のグレゴリー役はなんかあれに近いような感じで少し不気味な役だったけど、この人にはピッタリだったね。

ジェイク・ウェバーといえば、昔はバリバリのイケメンで通っていたけど、最近はこういう役もはまり役になってきた。

 

そしてリズが顧問で戻ったFBIだけど、ほぼシーズン1に近い布陣に戻った。

レスラーとアラムの活躍が少し少なかった今回だけど、ハロルドが戻ると少し落ち着いた感じになる。

レスラーの頃はピリピリしていたので、ここは性格的にもいい対比になっていて面白い。

 

それからリズにプロポースをしたトム。

レッドはトムに結婚するな!と命令していたけど、トムはこれに従うようなタマじゃないだろう。

そうすると、今後レッドとトムが対立するのかな?

そうするとリズの子供はどうなるんだ?ってことなんだけど、いや~この妊娠演出はいるのかなぁ??

なんかこういうのあまり好きじゃないんだよな、個人的には・・・

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント

  1. 匿名 より:

    リズ役のメーガン・ブーンが実際に妊娠したので、リズを妊娠させたらしいですよ。

    • ランキン より:

      そういうことなんですね。
      なんか変なタイミングで、変なつなぎ方だったのでおかしいと思っていました。