ブラックリスト S3 E23 / アレクザンダー・カーク 後編

ブラックリスト シーズン3 ブラックリスト
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「ブラックリスト S3 E23 / アレクザンダー・カーク 後編」

 

今回がファイナルとなるブラックリスト S3。

まず今回判明したナゾについて。

  1. リズは生きていた
  2. リズの死を偽装したのは、ミスター・キャプランとトム
  3. アレクザンダー・カークはリズ(マーシャ・ロストヴァ)の父

 

1は出産の時の医師がサインを出していたので特にナゾでもなかった。

2のミスター・キャプランが首謀者(というか偽装計画の発案者)というのは少しビックリ。

3は本人の証言だけなので、100%確実とはいえないけど、今のところそういう事なんだろう。

 

ということで、あまり謎解きとしての面白みは無かったというのが正直な感想。

それから演出的な面では、なんとなく後付けっぽいものが多かったように感じた。

これはもちろん脚本にも言えることなんだけど、キャストの都合を考えると、まあ仕方がないことだったんだと思う。

 

ただ、こういうシーズンファイナルの流れは、今後を考えると意外と悪くないかもしれない。

ブラックリストのここまでを見ていると、どう見てもリズとレッドの関係で引っ張るのには限界が来ている。

そろそろ止めないと、今残っている視聴者も別のプログラムにいってしまう。

なので、カークがリズ(マーシャ)の父、マーシャの母「カタリーナ」とレッドは深い関係。

最終的にはこれだけでいいんじゃないかな?

 

もちろんカタリーナが今どうなっているのか?が残るし、アレクザンダー・カークも生きているので、シーズン4はこの流れが続くことになる。

でもカークVSレッドは、レッドVS結社より面白いと思う。

カークは結構イイ味を出しているし、リズがレッドではなく、カークと組むという可能性も悪くない。

カークは「リズを殺した」ということで、レッドやFBIから敵視されていたけど、もうその前提が崩れている。

なのであっさりナゾを明かして、さっさと次の段階に移って欲しい気がする。

 

それにこのシーズンで感じたけど、ブラックリストの主役はレッドであってリズではないんだよね。

レッドとリズの関係で始まったブラックリストだけど、この関係のナゾが明かされればレッドの相棒はリズでなくてもいいということになる。

例えばレスラーとかでもOK。

レスラーとレッドにも深い関係がある。

今まで何度かこの話が出たけど、レッドはレスラーの父と面識が合ったんじゃなかったかな?

この2人だったら、もっと硬派なアクションでもサスペンスでもいけそう。

というか、今のリズにはシーズン1の時に感じていたような存在感が無いんだよなぁ。

なんか普通の女優というか、特徴の無いキャラというか・・

 

この辺は次のシーズンでハッキリすると思うので、次はそこが注目点。

シーズン3の終盤は、リズがいなくなってから少し面白くなくなったのも事実なので、彼女がブラックリストに必要なのか?というのをシーズン4ではよく見てみよう。

シーズン通しての感想でいうと、シーズン1からだんだん面白くなくなってきているので、そろそろこの流れを変えないとブラックリストも危ないと思う。

そういう意味でもシーズン4は注目だ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

コメント