ザ・フォロイング S1 E9 / 愛の鋭利

ザ・フォロイング ザ・フォロイング(完結)
スポンサーリンク

海外ドラマ「ザ・フォロイング S1 E9 / 愛の鋭利」

正直言って、一体どこが面白いんだろう?と思いながらも、
欠かさず見てきたザ・フォロイング。

でもこの海外ドラマを欠かさず見てるということは、面白い部分も多い
事なんだと、それもよく分かってる。

でもパンチ不足、必要なリアリティに欠ける、キャスティングもイマイチ、
だいたいそれがここまでの感想。

だけど、今回は先につながる面白いエピソードだった。

今回のストーリーは、FBIがジョー・キャロルの妻「クレア・マシューズ」を
ジョーどころかライアン・ハーディーにも知らせないという、
徹底した保護を始める。

ジョーとその仲間はクレアを探す為クレアと同姓同名の女性を
次々に殺害し始める。 ジョーの狙いはその事件を知ったクレアに自ら
出てこさせるという罠。 だがライアンらFBIは、クレアに一切の報道を
見せないことで、それに対処。

結果はFBIがジョーを上回った。

話は変わって、ジョーのアジトにはエマと確執のあったジェイコブが
ロデリックの助けで帰還する・・・

今回面白かったのは、なんといってもジョー X エマ X ロデリック X
ジェイコブの関係。 ここは緊張感あるし、どう転ぶかは予測できない。

暴走気味のエマに反感を持つ?ロデリック、そして当然ムカついてる
ジェイコブ、この3者の関係はかなり面白い。

さらにロデリックの思惑も一筋縄では行かないし、あのジョー・キャロルが
それに気づかないほどマヌケのはずはない。

ジョーはロデリックをNo.2として認めているけど、実はこの2人の関係が
一番面白いのかもしれないね。

そして家族と完全に決別し、相棒ポールを失ったジェイコブ。
第一話から登場し、多くのドラマがあったジェイコブは、ザ・フォロイングで
重要な役割を担うんだろうね。

ところで最近の追加キャストと今回のゲストについて。
追加キャストで言えば、FBIを新たに指揮するニック・ドノヴァン役の
マイク・コルター。 彼はグッド・ワイフでマフィアのボス、
「ルモンド・ビショップ」を演じていた。 今回のFBI役も威圧感ある
タイプで彼にピッタリだ。

それと今回ちょい役だったけど、エイミー・ハーグリーブス。
この人はHOMELANDでキャリーのネーチャンを演じてる人。
前にも書いたけど、なんかこの人好きなんだよな。

あと24のカレン・ヘイズ、クリミナル・マインドのエリン・ストラウス
を演じている「ジェイン・アトキンソン」がジェイコブの母役で登場。

最後に重要な役「クレア・マシューズ」を演じている、
「ナタリー・ジー」さんに一言。
この人って、何でいつも最高の役が回ってくるんだろう?
確かに演技も上手いし、美人でスレンダー、面白い役もこなす天才タイプ
だと思うけど、でも他にもいい勝負の女優なら沢山いそうな気がする。

でも違うんだよね。 彼女の実績がそれを証明している。

Natalie Zea_compressed.jpg
(当然のように真ん中に写ってるし・・・)

少し前の、ダーティー・セクシー・マネーの「カレン・ダーリング」は、
番組上一番オイシイ役だったし、つい最近のカリフォルニケーションでは、
シーズン5の初回とラストに登場。 初回でハンクの家を燃やし、
ラストではハンクに薬を盛って殺しかけてるという、超オイシイ役。

ザ・フォロイングでも最重要キャラで、主役2人に愛されてる。

ついでにそろそろ日本でも始まる「アンダー・ザ・ドーム」にも出演。
この人の忙しさと、役を掴む力を見てると、相当光るモノを持ってるんだろうと
想像できる。 わかりにくいけど、スゲー実力者なんだろうね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント