ザ・フォロイング S3 E6 / 再会の償い

ザ・フォロイング シーズン3 ザ・フォロイング(完結)

 

海外ドラマ「ザ・フォロイング S3 E6 / 再会の償い」

 

かなり久しぶりに感想を書くザ・フォロイング。

ここまでのフォロイングはスタートが面白くなく始まり、シーズン1の途中から(エマやロデリックが出ていた時)結構面白くなってきて期待したんだけど、結局その後がダメ。

でもシーズン2のマークとルークの登場で一気に面白くなったのに、2も結局またダメ。

ところがシーズン3の6話(今回)にきて、また面白くなってきた(笑)。

面白くなった理由は、ジョー・キャロルの師「アーサー・ストラウス」の一番弟子の男が現れたからだ。

 

この謎の男、凄腕のハッカーで残忍な快楽殺人者。

ストラウスの一番弟子ということから、ジョー並みかそれ以上の犯罪者(捕まえるのが難しいという意味で)なのは分かる。

しかも間違いなく社会病質者。 なので殺人に対する恐れやためらい、後悔なんかとは無縁のイカレヤローだ。

この謎の男が今回なんとストラウスを殺してしまった・・・

殺した理由は、ストラウスに助けを求められたことを迷惑に思って・・ということだった。

 

まあ、これだけ大々的にFBIに追われているストラウスに連絡を取られたら、それは男にとって相当な危機だ。

しかもストラウスの要求は半ば強制なんだよね。

この男の過去の殺しの多くを知っているストラウスだから、もし彼がストラウスを助けずに~という展開は考えられない。

この辺はストラウスが周到だというのもあるけど、やっぱり他人が犠牲になることをなんとも感じていない異常者だからだろうね。

この謎の男にとっては、ストラウスと師弟関係・そして昔助けられた恩があるのに・・ということみたいだ。

 

それにしてもこの男がコワい。

不気味なマスクを被ったり、長髪のカツラを被ったり、でも演じるのは人気俳優のマイケル・イーリー。

マイケル・イーリーは多くの映画に重要な役で出演しているし、海外ドラマでもグッド・ワイフやカリフォルニケーションでいい役を演じていた。

最近は残念ながら打ち切りになってしまった「ALMOST HUMAN」で主役の一人だった。

マイケル・イーリーはわりと好人物を演じるのが得意なタイプだけど、今回の役も完璧にこなしている。

グッド・ワイフでも冷徹な敵役を好演していたけど、良い俳優というのはどんな役でも完璧にこなすということかな。

今後、彼とジョー・キャロルがどう関わってくるのか?ライアンがどう戦うのか?などは興味深いね。

 

ただこの男、ITに強く、殺しも一切証拠を残さない凄腕なんだけど、家族を持っているというのは大き過ぎる弱点だ。

いずれここから正体が判明するんだと思うけど、ありきたりのつまらない最期だけはやめて欲しいな。

ここまでのフォロイングは、出だしは抜群にいいのに最期がヘロヘロなパターンばかりだから少し心配だ。

 

一気に盛り上がってきた今回のフォロイングだけど、ゲストの顔ぶれも特別良かったと思う。

まず謎の男のマイケル・イーリーを筆頭に、連続殺人犯・ダンカンを演じたティム・ギニー。

ティム・ギニーはグッド・ワイフやレボリューションに出演していた。

そういえばハンニバルで悪魔にとりつかれた?人間を惨殺する殺人犯も演じていた。

あのエピソードはハンニバルの中で一番面白かったと思った。

それから保安官役はマイケル・ガストン。

この人はメンタリストの長官など、良いドラマにたくさん出ている。

そしてダンカンの娘役にアリソン・マック。

アリソン・マックといえばスモールビルのクロエだ。

彼女はもう30過ぎているんだけど、なんか今でも女子高生みたいだよなぁ。

スモールビルでのコンビ、クリスティン・クルックもそうだけど、このタイプのアイドル顔はホント老けないよね。

なんだろうね、DNAかな?

 

という感じで今回は面白かったんだけど、このザ・フォロイングはこのシーズンで打ち切りが決まっている。

いつも書いているように、打ち切り=面白くない、というのは間違っているんだけど、フォロイングでずっと感じている心配事もある。

それはメインキャストなんだよね。

ライアン・ハーディーは主役なので問題ない。

ケヴィン・ベーコンは、さすがの存在感を放っている。

でもダメなのはライアンの姪?のマックス・ハーディーと準主役のマイク・ウェストン。

この2人は演技が悪いとかではなく、存在感がないとかでもない。*マックスは少し存在感に欠けるか・・

それより、2人がくっついたことで正義か?悪か?みたいなくだらないテーマが出来上がってしまったことだ。

連続殺人犯を追うドラマで、しかも自分の家族が殺されているのに正義もなにもあったもんじゃないのが普通。

ま、日本だったらそういう話になるかもしれないけど、アメリカでそんなのはあり得ない。

もちろん惨殺しろ!とか処刑しろ!ではなく、ジョー・キャロルみたいに捕まえればいいんだよね。

正義もなにも、捕まえれば100%死刑なんだから。

1,2発殴ってブチ込めばOKでしょ。

決着を付けたいのはわかるけど、無抵抗ならそれでいいはずだ。

 

なので、せっかくこういう設定にしたんだから、マックスとマイクは死ぬべきだったと思う。

マークとの戦いに斃れるのは良いシーンになるし、それが謎の男でも衝撃的なシーンになるよね。

いや、ストラウスでも良かった。

まずマックスがマークに、その後マークを追い詰めケリをつけたマークが謎の男にアッサリとか・・

すごく感情的なシーンになるのになぁ。

視聴者数的に完全に頭打ちなのに、このメインキャストにこだわったのは大きな失敗だよ。

特に敵にすごく良いキャラがいたんだから。

本当にここは残念。

でももしかしたら最後で覆してくれるかも。

そこに期待して、最終回までザ・フォロイングを見続けてみよう。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント