アロー S2 E7 評決の行方

ドラマ アロー シーズン2ARROW / アロー

ドラマ アロー シーズン2

海外ドラマ「アロー S2 E7 / 評決の行方」

 

シーズン2になっても最高に面白いアロー。

今回はシーズン1に登場した強敵、「伯爵」が3度めの登場。

「フードの男」の活躍によって逮捕された伯爵など数人の悪党が脱獄することから始まった今回、

裏で糸を引いていたのは、あの議員だった。

 

あの一見まともな活動家に見える議員が、実は恐ろしい悪党でアローを狙っているという設定

なんだけど、とりあえずアロー・シーズン2の最大の敵がブラッド議員ということのようだ。

 

でも今回のラストシーンでは、なんとマルコム・マーリンが登場!

やっぱり生きていたマルコム。

これでアローはこれからもっと面白くなりそうだよね。

 

と、今回はお気に入りの悪役、伯爵とマルコム・マーリンが出てきたけど、島の話はもっと面白い。

島といえば、シーズン1ではファイアーズという敵がいたけど、今回はドクター・アイボーという男が

敵のボス。

 

このアイボ(アイヴォーと書くかな?)には、親分がいそうな気もするけど、今のところ

ファイアーズほどの恐ろしさは感じない。

あと急にセクシー系になったサラ(女優変わったかな?)は、なかなかいい感じなので期待できるかな?

 

それより島といえばスレイドだよ。

ここのところスレイドが死にそうになっているけど、たぶん大丈夫だろう。

スレイドがスターリングシティーに登場するのが超楽しみなんだけど、もうすぐだろうか?

 

それとシーズン2になってローレルが検事になり、ちょっと地味になった。

でもその代わりにフェリシティーのスカートが短くなり、出番は長くなった。

もしかしていつかフェリシティーとオリバーがくっつくのかなぁ?

 

オリバーもう一人の相棒「ディグル」も、シーズン2になり活躍度が増した。

ディグルは正義感の強い男の中の男タイプ。

この前のデッド・ショットとの共闘は面白かったし、実は弟を殺した真の敵がいることも判明。

ディグルの物語は今後面白くなると思うな。

 

後、目立ったところではテアの彼氏「ロイ」。

ロイも熱い男を演じているけど、今回は笑ったな。

ちょっと前まで街のチンピラだったロイが「内なる激情を解き放つ必要がある」だって(笑)。

そのうちアローとしてのオリバーと対面することになるだろうけど、その時は3人目の仲間に

なるのかな?

ドラマ アロー シーズン2

そしてロイの彼女、「テア」。

テア役のウィラ・ホランドは日本ウケするルックスだと思うけど、今回の髪形は良かった。

クルクルのパーマ頭(笑)はあまり好きじゃないけど、今回のは気に入った。

そのテアだけど、マルコム・マーリンの娘だったというのは意外と納得。

イケメンの父から、アノ娘というのはあり得ると思ったな。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント