キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き S4 E13

キャッスル~ミステリー作家は(完結)

海外ドラマ「キャッスル S4 E13 / ドッグショー殺人事件」

今回のキャッスルは、S2の頃のようなシンプルな感じで、
キャッスルらしい華やかで笑えるストーリーだった。

まずはゲストなんだけど、人気者が2人登場。
1人はヒラリー・バートン。
今回の役は、リアリティーショーで人気の女優ケイ。
ケイは派手で明るく奔放な感じ。

castel_s4-e14.jpg

なんか今までのヒラリー・バートンのイメージとは、
ずいぶん違うけど、思いっきりハマってたね。
本人も楽しんでるようだったし。

もう1人は、ジャスティン・ハートリー。
彼はスモールビルのグリーン・アロー。
今回の役はレジーというケイの相手役だけど、
ちょっと落ち目の俳優という設定。

このゲストの時点で、今回のストーリーは楽しそうだと
期待できるよね。

ストーリー的には、最近のキャッスルで主流のミステリーは
やや控えめ、それよりコメディの要素が多かった。

コメディー担当はヒラリー・バートン。
このルックス抜群、頭はカラみたいなケイは面白かった。
ヒラリー・バートンといえば、ホワイトカラーでも良かったけど、
今回の役のほうが合ってたと思う。
適度なアホ加減も良かった。

そんな男の視線が集中してるケイを、「実力もないのに
なんで人気があるのかわからない」と、珍しく他人を
完全否定するベケット。

エスポジートのメロメロぶりも良かった。
キャッスルとベケットの関係では、犬の親権争いは
お約束シーンではあるけど面白かった。

やっぱりキャッスルは、こういうストーリーがすごく
似合うというのがよくわかった。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント