レイジング・ザ・バー S2E12

レイジングザバー_s2e12_05_compressed.jpg
海外ドラマ「レイジング・ザ・バー S2E12 / 愛のムチ」
レイジング・ザ・バーは、この回を含めて
残り4回で終ってしまうので、ゆっくり時間を取れる時に
見る事にしてる。
で、ここから最終回までは全部感想を書くと思う。
今回の内容は凄く濃くて、またまたイロイロ考えさせられる
ストーリーだった。
レイジングザバー_s2e12_03_compressed.jpg
内容を少し書くと事件は2つ、
1つは疝痛(腹痛)を起こした馬の件、
もう1つは麻薬中毒の妊婦の釈放について。
馬の件は、ロズとマーカスがやり合うんだけど、
珍しくマーカスが勉強不足で、最終的にはロズの
主張がほぼ全面的に認められることになる。
ただこれは、ある程度公平な結果だったし、
ある意味ハッピーエンドだった。
レイジングザバー_s2e12_04_compressed.jpg
問題は麻薬中毒の妊婦の件。
ボビーは被告の釈放を主張、ミシェルは捜査を延長するため
の拘留継続を主張。
ミシェルの本当の理由は、重度の麻薬中毒者は、親として
不適格だという判断がある。
ボビーは親と子は一緒に、、という考え。
レイジングザバー_s2e12_02_compressed.jpg
レイジング・ザ・バーでは、ボビー、ケラーマンなど
弁護側が人間的で、ミシェルやマーカスら検事側が
やや非情に見えることが多い(実際そうかな)。
一見今回もそう見えなくも無い。
でもこれは違うんだよね。
親子は一緒に居るべきだとも思うし、
施設が良くないのも分かる。
でも今回の被告はヘロイン(覚醒剤)中毒。
覚醒剤のジャンキーは、どんな理由を並べようが、
どんな正論を言おうが、ただの言い訳。
そう、言い訳ばかりで信じても意味が無い。
しかも、まず止めるなんて事はありえないしね。
だから今回はミシェルの判断が100%正しい。
結果は「不戦勝」で、ミシェル(検事側)の勝利だった。
レイジングザバー_s2e12_01_compressed.jpg
でも最後まで自分を信じて戦ったケラーマン、
同じく自分を信じていたミシェル、
内心ケラーマンに賛同していたチャーリー、
チャーリーにも自分を曲げない、相変わらずなケスラー、
そして、おそらく何が正しいか判断の付かなかったボビー。
静かで、淡々としていたけど、いい内容だったと思う。
S1の面白さとは違う、レイジング・ザ・バーの新しい
良い面が出たストーリーだったと思う。
応援お願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ