レイジング・ザ・バー 最終回

海外ドラマ「レイジング・ザ・バー 最終回」の感想と、
レイジング・ザ・バーのシリーズ全体の感想を、
ミックスで書いてみる。
レイジングザバーs2-e25_07.jpg
まずは今回のレイジング・ザ・バー S2 E15、
邦題は「善良なる者たち」で、
原題は「ハッピーエンディング」。
パッと見は違うけど、ある意味共通している、共にいいタイトル。
実質的な意味としては、ほとんどの善人がハッピーエンド。
でも最後に道を踏み外した1人だけが穴に落ちた。
最後の最後でハマったのはケスラー判事。
レイジングザバーs2-e25_02.jpg
(この人の役も凄く良かった。ムカつく事も多かったけど)
恋人の息子を理由も無く保釈させた上に、その息子が出所直後に
飲酒運転で死亡事故を起こすという、現実でもありそうな
大失態によりケスラーは判事を追われることに。
これはシリーズを通してやり合ってきた、ケラーマンが本当に
ハッピーなのと、対比の演出なんだろうね。
しかも腹心中の腹心だったチャーリーも、最後はケスラーを
見限るという厳しい結果に。
レイジングザバーs2-e25_01.jpg
そのチャーリーは、たぶんファーンズワースに付くと思うけど、
善人だった彼が評価されているのは、悪くない気分だった。
最終回だからこれでいいと思う。
S1の厳しさを考えれば、最後に善人が報われた内容はいいと思う。
レイジングザバーs2-e25_05.jpg
(最後までケスラーと共にと、思ったが、、)
でももし、S1の調子を続けていれば、このドラマはまだ終って
いなかったかもしれない。
そこは本当に残念だなぁ。
レイジング・ザ・バーのキャラは、他のドラマにはほとんど無い程
魅力ある、深いキャラが多かったからね。
レイジングザバーs2-e25_04.jpg
(彼はこの後、あまり役に恵まれていない)
特に個々の俳優にとって、これ以上無いようなハマリ役が
何人もいたから。
レイジングザバーs2-e25_08.jpg
1人あげるなら、最後までらしかったバルコは、このドラマで
最も輝いていたキャラだと思う。
バルコ自体もいい設定だったと思う。
最後のほうに登場したアシュリー役のオータム・リーザーは、
見せ場が来る前に終っちゃったけど、続いていれば絶対この人も
当たり役だったと思う。
レイジングザバーs2-e25_03.jpg
凄く残念だけど、彼女はこの後バリバリの売れっ子で通っているから、
本人にとっては良かったのかもね。
何かまだ見足りない気持ちが大きくて、残念で仕方が無い。
本国での放送終了は、もう3年以上前の話なんだけど。
こういう骨のある法廷物が最近無いから。
レイジングザバーs2-e25_06.jpg
S2の最初の3話が特にダメだったんだよな。
あれで相当数の視聴者を失ったはずだ。
何でああなったのか、もったいないな、本当に。
でもS1は本当にいい出来だったし、忘れられない海外ドラマの
1つになった事だけは間違いない。
応援お願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ