ブリッジ ~国境に潜む闇 S2 E13 / 腐ったゲーム

ブリッジ 国境に潜む闇ブリッジ ~国境に潜む闇(完結)

 

海外ドラマ「ブリッジ ~国境に潜む闇 S2 E13 / 腐ったゲーム」

 

今回がブリッジのシーズン2最終話なんだけど、少し前にブリッジが打ち切りというニュースがあった。

なので、ほぼ今回が米国版ブリッジの最終回ということになると思う。

 

まず前回書いたように、ブリッジのシーズン2はすごく面白かった。

前回にちょっとつけ足すと、最終回だけは「まとめ」的な内容になったけど、

シーズン2は一貫して緊張感があり、すごく楽しめたと思う。

 

このブログでは、面白いと書くと打ち切られたり、面白く無いと書くと、

シーズン過去最高の視聴者数を記録!なんてことが度々あるんだけど、

このブリッジS2に関しては自信を持って面白かったと言えるね。

 

じゃあなんで視聴者数が減ったのか?

これは個人的に間違いないと思える答えがある。

それは前回書いたように、主役のソニアのキャラクター設定にあると思う。

 

この設定については詳しく書かないけど(気分が悪いから書きたくない)、

この設定に我慢ならなかった人々が多かったんだと確信している。

 

例えばアメリカの海外ドラマの場合、話題のドラマの設定をマネるということがよくある。

例えばLOSTがヒットすれば、LOST的なドラマがウジャウジャ出てくる。

今回のソニアのキャラ設定を見ていて感じたのは、上のパターンのように

最近話題の海外ドラマの設定をマネたからだと思う。

 

その設定とは、もちろんホームランド。

ニコラス・ブロディとキャリー・マティソンの、敵であり、味方であり、恋愛関係という設定。

おそらくソニアはこの二人の設定にヒントを得たと思うけど、ここがとんでもない間違えだ。

 

ホームランドの二人にも理解し難いところがあるにはあったけど、

そこにはグロい吐き気がするようなものは、一切なかった。

ブロディの最期には、言葉にするのが難しい感情が湧き上がったし、

ドラマとはいえ、その後のキャリーを非難したくなる気持ちになった。

 

ところがソニアのプライベートには、嫌悪感以外感じるものがない。

ハリウッドがこんなとんでもない間違いを犯すとは、ちょっと信じられないね。

 

でも、それ以外はとても良かったと思う。

終わり方にしても、自然に続いていくようにうまくまとめたし、

ほとんどの事件に一応の決着もついた。

 

特に個人的に気に入ったのは、スティーブンとエヴァの物語。

ただ一番気に入ったのは、恋愛の話じゃなくて、スティーブンのキャラクター。

シーズン1登場時からしばらくは、何者なのか全く分からず。

何をしたいのか?敵か味方かも全てが不明。

 

それが最後にはこんな結末になるとはねぇ。

なかなかおもしろい演出だった。

 

このブリッジ、まだアメリカでも最終的な判断は出ていないようだけど(継続の)、

個人的にはこれでいいかなと思う。

いいまとめ方だったし、最後までリアリティもあった。

今シーズンのMVPだったエレノアで終わったのも良かった。

ま、どっちにしても良いドラマだったと思う。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント

  1. アバター匿名 より:

    >それは前回書いたように、主役のソニアのキャラクター設定にあると思う

    これ思ったー
    こんな刑事いるか というぐらい美しい女優さんで笑顔も素敵だったのに、なぜか良さが活かされてなかったような。。。

    • アバターランキン より:

      あり得ないような設定で興味を引くなんて失敗しますよね。
      このクラスの女優なら、ただ美人なだけじゃなく演技力もあるはずなので、普通にやればと思いました。